街中チェックでバイマの受注へ繋げる方法

※聞いたことの無い名前のカラフルきのこ。美味しかった・・・

先日、「売れる商品が見つからない」ということから「バイマで自問自答をしてみる有効性とは?」のお話をし、自分の作業について自問自答を行い問題点を見つけることが必要と言いました。

例えば次のような質問です。

 

・リサーチ時間はどのどのぐらいなのか?
・ブランドはいくつリサーチしたのか?

 

これらは「バイマ(BUYMA)の中」で行うもの。

他にも意識して欲しいリサーチ方法がありまして、「バイマの外」に目を向けてみてください!すなわち、街中でのファッションチェックです。

 

こうお話すると、あなたは次のように思うかもしれません。

YOU
ファッションに疎いんです。
YOU
流行なんてわかりません!

もちろん、ファッションに興味が無ければ抵抗があるでしょう。しかしながら、何も細かくチェックする必要はないのです。

なぜかと言えば、

山嵜
お、あれは●●の新作の▲▲だ。

っと僕がこんなこと言っていたら、気持ち悪くないですか?
実際に友人に言ったりするので変な目でみられることはあります(笑)

 

そうではなく、「ざっくり」でOK!
街中を見回していると、必ずファッションの傾向があるはずです。

「花柄の柄パンツを履いている子が多いな〜」
「この形のバッグ、なんか多くない?」
「サラリーマンのビジネスバッグであのロゴ多いなぁ。」

 

バイマで活動しているならば、売れる商品をリサーチしなければいけません。そのため、イヤでもファッションアイテムが目に入るはずなのです。

これは「アンテナを張っている状態」であるから。

 

あなたも耳にしたことがあると思いますが、「赤色」を意識した途端に、赤いモノが目に入るようになる感じですね。

 

少しお話がズレましたが、ファッションは常に流行や傾向があります。ズバリのブランド名やアイテム名なんて、僕も言い当てることはできません。しかし、そのような「ざっくり」したイメージでバイマ内の商品を見てみてください。

必ずバイマの中でも、そういったファッションの傾向や流行が反映されてるのですね。

これはバイマが、ファッションに特化している特徴でしょう。街中はリアルなリサーチの場所で、購入者であるお客さんがいる場所でもあります。

 

ファッションに疎くても、ビジネスとしてやっているのであれば意識するはずです。ぜひ、街中を意識して歩いてみましょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA