バイマのバイヤー初心者がおさえるポイント

※結構好きなヒューガルデンのビール。このお店は閉店してしまい残念。

本日は、「バイマ(BUYMA)のバイヤーになりたての時のポイント」についてのお話です。

バイヤーになりたてということはバイマの中では初心者という意味となります。バイマはブランド品を主に扱いますが、それはCHANEL(シャネル)などの高級ブランドが売買されているように商品単価も高額と言えます。

 

正直に言ってしまいますが、バイヤーになりたての初心者がお客さんから高額な商品(例:20万円のバッグ)をご購入いただけることは中無いと言えるでしょう。

イメージしてみてしてください。

 

あなたは下記のような二人のバイヤーがいた場合、どちらから20万円のCHANELのバッグを買いたいと思いますか?

A.成約件数が0のバイヤー
B.成約件数が50、満足の評価が多いバイヤー

 

極端な例をあげましたが、きっとあなたはBのバイヤーを選びますよね。

これは「信用」や「安心感」という心理が作用するからです。僕のブログやメールマガジンをお読みでありましたら、あなたはインターネットが使えないということはないと思いますが、友達や家族とのディナーのお店や、電化製品などを決める際にインターネット上のクチコミを見ることが多いのではないでしょうか?

 

このクチコミは、そのお店や商品への「信用」や「安心感」を表します。どんなに良いものと言われても、クチコミが悪ければ購入や利用をためらいますよね!

これと同じでバイマでも初心者のバイヤーさんでは高額商品が中々売れにくいのです。

バイマのバイヤーになりたての初心者はどうすれば良いのか?

僕がバイヤーになりたての時に行っていた販売戦略をお話します。

とにかく成約数と良い評価が欲しかったので3万円以下のバッグや靴(サンダルが多かった)を、赤字にならない程度で数多く売り販売実績を増やしていました。

 

こうすることで成約数や評価を増やすことのみならず、買付の仕方やお客様への発送など一連の作業に慣れることができます。実績も増えると同時に、バイマ内での検索順位や露出も増えます。

1つでも成約をすることで、お客様からは「信用できるバイヤー」として見られる可能性が上がります。

 

そして、こちらを書いている時のリアルタイムなお話ですが、先ほど12万円のお財布をご購入いただきました!そして、32,000円と大きく利益を得ることになり嬉しい次第です。

これは、成約数と評価を地道に積み上げ、「信用」と「安心感」の裏付けよりご購入いただけているものと僕は考えております。

 

BUYMAのバイヤーになりたての初心者の時は、お客様が購入しやすい価格帯(例:3万円以下)にて成約数と評価を稼ぐ戦略を取り入れてみましょう!

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますので下記、またはこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA