バイマでアクセス数が多いのに売れない理由

※新宿の隠れ家の壁にあったいい感じの布だったのでパチリ。

さて本日は、「バイマ(BUYMA)でアクセス数は多いのに売れないことの理由」 についてのお話。  

このテーマは今でも経験していますので、バイマで活動するバイヤー・ショッパーにとっては永遠の悩みかもしれません。早速、先ずは下記のバイマにおけるアクセス数画像をご覧ください。

アクセスがあるのに売れないのはなぜ?

ブランド名も公開します。

chloe01

 

右端に数字があります。 「9」が「欲しいもの登録数」、「687」が「アクセス数」です。

これらの数字が多ければ、人気もありご購入いただける可能性が高くなります。 しかしながら、こちらのアイテムは中々売れませんでした。

結果的には1つ売ることができましたが、苦戦した商品です。

 

アクセスもほどほどに多く、 欲しいもの登録もあるのになぜ売れないのでしょうか?
それは、テストや経験より大きく原因が2つありました。

1つ:僕自身の成約数や評価が少ないため

 

バイマではブランド別、カテゴリ別といった中で、 全バイヤーが出品している商品にも「表示順」があります。 例えば先ほどのchloe(クロエ)のバッグですと、 こちらの画像のような表示です。 

 list01

 

こちらの表示順は何で決まるかという点がポイントです。 

バイマより公表されておりませんので、 経験やテストから見つけていく必要がありますが 「実績が多い力のあるバイヤー」であることは大きく関係します。 (もちろん他にも順位要因があります)  

実績が多い=売る力のあるバイヤー・ショッパー

 

バイマ(正確には運営会社のエニグモ)という会社から見ると、売ってもらえるバイヤーを選びます。

会社の売上・収益に関わる所ですので当然ですよね。 よって、成約数や評価が少ない場合で、 競合が多い人気商品であれば表示順が下がり 比例してアクセス数が減るのです。

YOU
それじゃ・・・初心者では無理なのでは?
 

こう思われるはずですが、 戦い方はありますのでご安心ください。

 

そして、原因の2つ目ですが、 2つ目は初心者ならではの戦い方のヒントにもなります。 長くなりますので次回のバイマでアクセス数は多いのに売れないことの理由の続きでお話させていただきます。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますので「こちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA