バイマでアクセス数は多いのに売れない理由の続き

※美味しそうに撮れた真夏のジンジャエール

今回は前回、「バイマでアクセスは多いのに売れないことの理由」についてお話した原因の2つ目をお話させていただきます。

前回の最後で、2つ目は初心者ならではの戦い方とも申し上げました。

 

その戦い方は何か?を意識いただきながら、 お読みいただければ嬉しいです。

アクセスもほどほどに多く、 欲しいもの登録もあるのに売れない原因の一つは 「僕自身の成約数や評価が少ないため」でした。

2つ目の原因としましては、ズバリ「価格」

 

もう一度、下記の画像をご覧ください。

chloe01

「欲しいもの登録」という機能は、 Amazonの「欲しいものリスト」と似ており下記の比較ができます。

・他のバイヤーさんとの比較  
・商品金額の比較

 

欲しいもの登録数が多いのに関わらず、商品をご購入いただけないのは「価格比較」をされています。 僕の出品価格より他バイヤーさんの価格が安いため、お客様の購買意識が他へ流れてしまうのです。

この時の戦い方としましては、商品を出品している他バイヤーさんが2~3人であれば 100円~500円金額を下げ戦います。

 

または、自分の望む利益を割らないのあれば、 一気に1,000円~2,000円価格を下げ 短期で2~5個売って戦いを終わりにする方法です。

さらに、仕入先の拡大をすることや、売れていることがわかりますのでまとめ買いで仕入れ原価を圧縮することが必要ですね。

自分であったり他バイヤーさんから商品が売れますと、競合バイヤーさんが値段を下げマネをしてきます。このような状況になりましたら、その場からは退くことをオススメします!

 

身近な牛丼屋さんをイメージいただきたいのですが、牛丼1杯280円!のように値段を下げますと競合の牛丼屋さんも対抗してきます。

そこからは割引合戦となり、負のスパイラルに陥るのですね。 売れる可能性が高い商品は他にもたくさんありますし、肉体的にも精神的にもストレスがかかりますので、キッパリと退き別の商品を扱いましょう。

基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますので下記、またはこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA