バイマ(BUYMA)で穴場ブランドを見つける方法

※Macのデスクトップにもなっている青い池。綺麗でした!

先日、人生ではじめて、熱射病を体験しました・・・軽度でしたが、あんなにも辛いとは・・・風邪も無いのに発熱、吐き気、身体が熱く、ダルい。

お墓参りや炎天下に居る時間が長かったため、食欲が無く「水」だけだったのが原因だったようです。夏場は塩分・ミネラルも忘れずに摂取しお気をつけくださいね!

バイマ(BUYMA)で穴場ブランドを見つける方法

コッソリとデザインを変更していたり、ヒッソリと新機能を増やしているので、あなたもバイマで穴場ブランドを見つける方法は既にお気づきかもしれません。

バイマで商品リサーチをする際、どうされていますか?

 

リサーチの基本であり重要であるのが、ブランドランキングですよね。

バイマで売れ筋ランキングを参考にしリサーチする事が多いでしょう。例えば、シンプルな方法としてレディースの場合でしたら、50位から200位の間を見て行くことも一つです。

・売れているが、競合が少ない

・全体の出品数が少ない

これらのブランドをチェックし、出品するかどうかを判断していく。

もちろん50位以内に入るブランドのリサーチも重要ですが、僕の中ではこれが基本的なブランドランキングのリサーチですね。上位のブランドは有名ブランドが多いため、確かにアクセス数も多くなり売れやすいのは事実です。

しかし、その反面、競合が多く・強いため、戦いづらい事実もあるためです。

 

ランキングを200位まで見る方法をまだ知らない場合は(いらっしゃらないと思いますが)、Buyer Life(バイヤーライフ)のトップページの無料機能にあります「BUYMA人気ブランドランキング200」を活用いただくと各カテゴリの200位までをチェックできます。

通常、バイマのWEBサイトでは20位までしか見れません。

仕様変更

現在、BUYMAでは100位までWEBサイトで見ることが可能です。

話を戻しますが、バイマのブランドランキングで深堀したいブランドを見つけた後、次のステップとして行うのが仕入先のリサーチ

 

今までのBuyer Lifeでは200位以降の活用が出来なかったのですが、ご存知の通りバイマ自体も成長しておりテレビCMや駅内の広告といった露出を行うことで、今までにリーチできていない顧客層へ接近しています。

その恩恵を授かりアクセス数や受注が、わんさか入り嬉しい悲鳴を上げている方もちらほら。それならば、ランキング201位以下のブランドもチェックできればリサーチの幅が広がると感じました。

 

そのため、Buyer Lifeの無料機能に「ブランドランキング TOP500」という新機能を実装しました!

br500

僕自身も知らないブランドが多く、ちょっと楽しくなっているのですが、各カテゴリの人気ブランドを500位までチェックできる機能として無料で利用できるようになりました。

機能追加

プレミアム版では1000位と取り扱いショッパー数が確認できるようになりました。

この機能でブランドをリサーチすることで、誰も気づかずにヒッソリと売れているブランドを見つけられることや仕入先をリサーチする前段階で、多くのブランドのリサーチが可能となっています。

今よりも多くのブランドを見つける事ができ、必然的に仕入先の数も増える。

ショッパーとしての”力”もUPしますので、ぜひご活用ください。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でお読みできますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA