バイマで出品を気をつけるべき商品とは?

ada

※Macの充電アダプタの微妙な所が壊れました・・・

特に気にしていなかったのですが、バイマ(BUYMA)のトップページに次のようなバナーが掲載されておりました。

pic0403

スキンケア用のクリームです。
僕も買付したことがあるのですが、お値段の高さに驚くばかりです。

 

シャネルのクリームは6,000円〜10,000円することは普通です・・・僕なんてニ○アの1,500円のクリームですよ。

1,500円でも友人には、「高い!」と言われますが、ブランド品のクリームはニオイが本当に良いので買われる女性が多いのも納得します。

 

そんな今回はクリームの香りの話ではなく、このような人の肌に付けるモノや、口に入れる商品の出品においての注意点についてです。

当たり前の話ですが、世界各国ではそれぞれ異なる法律があります。

 

そのため、海外で認められた原料が「日本もOK!」ということには必ずしもならないのですね。そもそも、海外より日本の基準の方が緩いことが多いので驚くものです。

日本で規制がかかる原料や、その他の規定にて引っかかる原料が商品に使用されておりますと、いざ注文が入り買付をしようとすると下記の表示が出ることがあります。

 

not available for shipments to this country

 

日本には薬事法をはじめ、薬品に関わる法律があります。原料や香料が輸入禁止のものもあるため、泣く泣く買付ができないことに。

僕も泣いた経験を持つ1人だったりします。

 

他に制限がかかる代表な商品は「食器類」です。

YOU
え?なんで食器はダメなの?
YOU
割れやすいから?

確かに割れやすいですが違います。
食器類の中でもお皿やカップに多いのですが、デザインに関係する所です。

「デザインが悪い」という点で、輸入できないことではありませんのでご安心ください。どういうことかと言いますと、デザインに使われている塗料などが日本に無い場合があるためです。

検査も通過していないこともあります。食器はあなたが口にいれる食べ物をのせるモノですよね。イメージしてみてください。

 

もしその食べ物がのっているお皿の塗料が死んでしまう可能性があったら・・・?

日本で安全が確認されていないモノになるので輸入が難しいというわけです。また、完全に全ての食器の仕入れがNGではありませんが、そういった商品の輸入方法があります。

税関やショップで輸入の目的を聞かれたら、「観賞用」と伝えればOKです。

 

ここまで可能性をお伝えしてきましたが、よっぽど古いアンティークであったりよくわからないブランドでなければ問題ないでしょう。とにかく、出品前にショッピングカートへ入れて決済直前まで事前に確認することが安全です。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA