バイマに目利きは必要が無いたった1つの理由

sneko

※ネコ。とりあえずネコ。かわいい。

今回は、「バイマ(BUYMA)に目利きは必要が無い理由」についてのお話。

バイマでバイヤーとしてアパレルの輸入販売をしておりますと、このようなメッセージをいただきます。

YOU
やっぱり売れる商品の目利きが必要ですよねー?

 

YES!

・・・っと言いたい所ですが、必ずしもそうでは無いと僕は考えています。

 

確かにバイヤーというと、「長年、目利きの経験を積んだスゴイ人」というイメージがありますよね。

しかし、僕は普通のサラリーマンでありましたし、メンズ。
女性のファッションはよくわかりません(笑)

(サラリーマンは関係ない?)

プラダやシャネルといった有名ブランドの名前を知っているぐらいです。

 

それでも月10〜15万円(始めた当時)の利益を出しているのは、売れている商品を「リサーチ」していたためです。

当然では?と思われたことでしょう。

再度、言いますが「売れている商品」をリサーチしている。この言葉をしっかりと理解する必要があります。

売れている商品を掴む

先に目利きについて考えると、「売れそう」な商品を経験から判断しますよね。

ですが、バイマで利益を上げるためのリサーチですと、「売れた事実」から売れる商品を見つけるわけです。リサーチは分析型とも言えます。

 

分析で売れる傾向や売れる商品、事実をつかむことで、目利きのような長年の経験が必ずしも必要ではなくなります!そして、その売れる事実はバイマも教えてくれますし、弊社が運営するBuyer Life(バイヤーライフ)でも瞬時に確認することができます。

もちろん、リアルな店舗のバイヤーさんであれば勤務しているので目利きの力が重要視されるでしょう。

 

しかし、バイマでの輸入ビジネスでは「リサーチ」をすることで、売上・利益を得ることが可能なわけですね。

今回、このようなお話をさせていただいたのは理由があります。

YOU
バイマは売れる商品の目利きが必要だから無理だ
YOU
輸入ビジネス・輸入販売は難しそう

こう思われ、中々スタートを切れていない方が多いからです。

 

もしかすると、あなたもそうではないでしょうか?

以前、メールマガジンのアンケートで伺いましたが、そもそものバイマを始められていない方が多かったです。

 

意外にも、バイマの輸入販売ビジネスは他のビジネスより、圧倒的に収益の出るスピードが早いと僕は自信を持っています。過去にお話していますが、僕は始めて初月から14万円を上げることができたわけです。

目利きも無く、ファッションもよく知らないのにです。

 

ですから、ぜひ今日をキッカケに一歩を踏み出してくださると嬉しいです。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA