ファミリーセールを利用してバイマの販売力をUPする方法

※フラノ寶亭留でゆっくりしてきました、ここ最高!

先日、広告代理店時代の時に、チームとして二人三脚でほぼ毎日プレゼンやコンペ、案件をご一緒していた上司と食事をしていました。上司と言っても年齢は1歳上と近く、結婚式の時に乾杯のご挨拶をお願いしたり、家族ぐるみで2ヶ月に1回は飲んだりと良き友人という間柄。

その先輩が独立をされ、改めて思ったのが死ぬこと以外は何でもできるということ。選択肢が無数に開かれていて、こんなにも恵まれた日本という土俵で言い訳なんてしていたら勿体無いなと強く感じました。

実はこの先輩…


2年前に33歳という若さで、大阪出張の新幹線帰りに脳梗塞で倒れ、生死をさまよったのですね。当時、前職での同僚でもあった奥さんから電話をもらい、マンガのように自分の目の前が止まったように見えたのは今でも覚えています。

元気になるまでの経過は長くなるので割愛しますが、まさかの後遺症も脳梗塞の跡も無くお医者さんに奇跡と言われ、同僚時代に週7日レベルで一緒に飲んでいたのですが、今でもお酒も元気に(?)普通に飲んでいます。

退院後に食事した時に今でも先輩が言った言葉を覚えていますが、「人生を見つめ直した」と仰っていたものです。

説得力がありすぎる。


そんな先輩が独立をされ感慨深いのもそうでしたが、当時の言葉を思い出しまして、死ななければ、言い訳をしなければ、登れるはずだけど多くの人間は避けてしまいそうになる壁をよじ登って、目的を達成するための道にピットインできる確率は誰でも99%は日本で生まれた限り持ってる方だよなと。

残り1%は自分次第で、その1%をどう捉えるか?

あなたや僕らのようなビジネスをする人間は、この1%を生かすも殺すこともできる裁量度合いは日本に生まれた以上、とてつもなく最良を持っているのですから、しっかりとフンドシを締め前を向いていくのが筋なのかなと。

ファミリーセールもネタの宝庫

さて、思いっきり話は変わります。

今回はバイマ(BUYMA)というよりは物販における販売力UPのお話です。

販売力UPと申し上げますと、商品名やアクセスを呼び込むキーワードを始めとして、画像やお客さん対応・・・など思い浮かびますよね。それは当然ではありますが、バイマ、そして物販では「売る商品」が必ず表裏一体で、商品が無ければ販売はできませんし、先ほど申し上げたようにアクセスを呼びこむ戦術も無ければ販売はできません。


そう、この売る商品。

普段から売る商品のリサーチは永遠のテーマとして、オンラインショップのみならずアウトレットや実店舗でのリサーチは僕らにとっては水を飲むように大事な生命線でもあります。


やりすぎて視力が落ちらたことは、良き思い出だったりします(笑)

あなたも「目が悪くなったかも!」という経験があるかもしれませんね。

ブルーベリー食べましょう。

何より、僕は検索能力やPCに詳しくなったのも資産です。


話が脱線しました。

この仕入れのネタとして、昔やっていたやり方を思い出しましたので共有します。過去にフト思い出して、確かお茶会で1人に教えた方法ですね。


正直・・・今なら販路が当時より多いのでメルカリ等で結構いけるんじゃないかな?

その方法は、ファミリーセールです。

ファミリーセールってご存知ですか?

 

ブランドや百貨店で会員になっていたり、上顧客になっているとクローズドのファミリーセール会場へ入れる招待状が届きます。例えば百貨店で言えば伊勢丹のエムアイカード会員であると、稀に小さくファミリーセールの案内がDMの中に入っていることもありますね。

このファミリーセールは、そのように会員制だったりするのですが、ハードルはそこまで高いものでなく、今では情報も多く表に出ています。

全然、クローズドでないという(笑)

 

僕自身もワールドグループやラルフローレンに行ったことがあり、モノによっては70%や80%オフになっている場合が多くあり、仕入れにも活用できるわけですね。

もう、説明しなくとも使い方はわかりますよね?

 

では、どうやってファミリーセールを知るのか?

恐らくバイマをされているならばご存知であろうファッション情報を仕入れるサイトの下記に頻繁に最新情報が更新されています。

参考サイト

LATTE/FASHION

ちなみに、ファミリーセールだけでなくセールやバーゲン、アウトレット情報も更新されるので便利ですよ!


「セールはわかった!」

だけども・・・「招待状が必要みたいだけど・・・」と思いますよね。

基本的にクローズドとされているので招待状が無ければいけません。


では、招待状はどう入手すれば良いのか?

 

各ブランド、ショップのVIPになってください。


っというのは嘘です(笑)

サイトの各セール情報の下を見てみると”コメント欄”がございます。このコメント欄に、たまに「余っているのでお譲りします」という方がいらっしゃったり、コメント欄で「招待状ありませんか?」と投げかけ入手できたりします。


また、先ほどにもありましたが稀にメルカリで、こういった招待状が販売されていることもありますので、これだけでリサーチや仕入れの幅が拡がりますよね.外注パートナーさんにも、聞いてみればパートナーさんご自身やご家族・ご友人が関係者であったり、顧客だったりするかもしれません。


いかがでしょうか?

視野が拡がりませんか?

何気ないこのような情報から販売力UPも目指せますので、視野は広く長期的に物事を見ていきましょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でお読みできますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA