そのテクニックにバイマで未来はあるか否か?

※お散歩とワイン

以前、メールマガジンの読者さんとお茶会をしてきた中で、「これは一時の戦術で危ないな〜」と感じたことをお話したいと思います。



あ、その読者さんがやっているものではありません(笑)

僕の読者さんでしたら止めます。

 

危ないな〜!って思ったものというのは、商品の出品に関わるものです。出品するには「商品名」を入れるわけですが、商品と全く「関係のない」のに出品している事例がありました。


例をあげます。

バイマ(BUYMA)内でも人気ランキング上位に入るブランド名を、商品も写真も別のブランドなのに入れてしまっているのですね。

miumiu(ミウミウ)であったり。

chloe(クロエ)だったり。

 

人気ランキングの上位に入るというのは、バイマ内でも売れているブランドを意味します。

そうなると、当然、そのブランドでの需要も多い上に、ブランド名で検索を行うお客さんも多いということを意味しますので、アクセス数を稼げるわけですね。

 

しかし、先ほどの方法というのは、それを利用している「グレーというブラック」な方法です。商品と関係のないカテゴリやブランドを指定するのは、バイマでは基本的に禁止しています。

まぁ禁止も何も、お客さんが商品を探していて、

お客さん
あれ?商品違う・・・

このように、お客さんを惑わすことになります。あなたも楽天ショップなどで経験されたことはありませんか?

 

自分自身がお客さんでしたら迷惑ですよね。

 

僕から見れば「ブラック」なテクニックです。

しかも、その出品している商品が売れているというのは皮肉ですね。

一時的に稼げるのであればOKなのでしょうが、必ずこのようなバイヤーさんは淘汰されるでしょう。きっとバイマからも警告があるのでは?

 

余談ですが僕は読者さんから、こんなメールをいただくことがあります。

「売れる商品を教えてください」

「簡単に稼げる方法を教えろ」

「売れるブランドはどれですか?」

 

マナーやら言葉遣いは殴りたくなるので割愛しますが、この質問をする時点でバイマというよりビジネスをしないほうが良いでしょう。

教えるのは簡単です。

しかし一過性のテクニックは文字通り一時的でその時しか通用しません。

 

それより重要なものは今後も、「継続・安定してお金を産み出すことができるスキル」です。それは結局、シンプルでどれだけ人より量をこなし、継続できるか

っと少々お話が脱線しましたが、一時のテクニックや「人に迷惑をかける」と思ったことは避けましょうね。僕のブログをご覧いただいているあなたは、そうではないと信じています。

 

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA