起業家の先輩からの嬉しい言葉を記す

※ばーちゃん家の裏のあぜ道ステキ

弊社の取締役でもあり、敬愛するアイマーチャントの菅さんが主催される勉強会にて講師をさせていただくことになりました。

菅さんはインターネット業界の初期よりマーケティングに携われ、人を愛す・人に愛されるプロで、2冊の本を出版されたり昨年の大学講演でもご一緒させていただきました。「あの会社・人に関わってたんですか!?」というパターンが多く、驚くばかりです。

お会いし1年未満に関わらずデート(食事)も多く、僕の結婚式にご出席いただいたり、会社の取締役に就任いただくまでに。っと・・・自分でお話しておきながら大先輩と、ここまで深いお付き合いができましたこと恐れ多いものです。

ある日の出来事、ある言葉

愛の言葉を言い出しましたら、キリがありませんのでここまでにしておきます。とにかく、何度も助けていただき、大好きな大先輩のお一人。熱く語りましたので、僕の好きな気持ちはあなたもおわかりかと思います(笑)

そんな菅さんよりある日。

菅さん
東京勉強会の講師はネギくん(僕のあだ名)だから♪


え?

恐れ多すぎて、絶句したことを覚えています。ですが、数秒後は「光栄です!やらせていいただきます!」とお返事いたしました。そして、僕のことを菅さんが、ご自身のメールマガジンでご紹介くださいました。

僕に内緒で。

嬉しかったため、心に刻む意味を込めて許可もいただきましたので、ここに残したいと思います。

10000時間

先日、そして今日もネギ君(あだ名)と日が暮れるまで話し込んできました。



ネギ君は、

・会社を辞めて1年半で法人化してアパレル会社を経営の夢を実現。

・将来一緒に仕事がしたいと思ったメンバーとのビジネスを実現。

・ライフワークとして個人の起業コンサルタント業を実現。

・そして、僕の想像を遥かに越える事業展開を実現させようとしています。

短期間でこうも目標を実現させている背景は、引き寄せだとか、マインドがどうとかという話以前に何か本人なりのコツが存在するに違いありません。目標達成のコツみたいな話だと、自己啓発の類いかなと思いますよね。

でも、話を聴いてみるとマーケティングの考え方と非常に似ていて抽象的な大枠の話ではないのです。

 

実現のための戦略があり、そこから細かい戦術があり・・・時間を基軸にする点、そして現状の位置を俯瞰する視点。会社員であれば、どのようにステップを踏むのか?事業を拡大させる際に、どのようなステップを踏むのか?

彼が物事を着実に実現していく理由がわかりました。

会社を辞めてから、楽しさ故に365日ビジネスをしているネギ君がビジネスに投資してきた時間は10000時間を軽く越えます。

10000時間・・・。

この濃密な10000時間の経験の中には、失敗することもあったし、反省する点もあったでしょう。でも、全て着実に実現させています。僕が本当にネギ君が凄いと思うのはこの部分。

例えば、5000ページの素晴らしいビジネス書籍があっても読むのに物凄く時間がかかりますよね。場合によって読解する事すら困難かもしれません。その書籍の要点が100ページにまとめられていたら僕は、すぐに手を挙げて「ほしい!」と言います。

 

もちろん、まとめてくれている人の専門性や信頼がおけるかどうかも判断基準になりますが、時間対効果を考えれば即決。これが僕の感覚です。本を読む事は手段の1つで自分のビジネスに使える発想や方法を取り入れるが目的。

今回も、日々時間をかけてきた事柄をギュっと凝縮してまとめてくれています。

365日休まず取り組んできた事柄を精査して、体系化された方法を聴けるという事はですよ・・・言い方を自分都合に変えると、僕が選択して歩んでこなかった10000時間の経験をネギくんは、僕の代わりに歩いてまとめてくれているとも捉えることが出来るわけです。

これは単純に意識の問題ですが僕はこうした感覚からも、セミナーは高額で良いと感じてます。

 

僕の場合は、ファミレスやファーストフードのように、誰がやっても同じクオリティのものが出せるように1つ1つのビジネスをパッケージ化して継承していく事を選びました。でも、この必要性に気付いたのは起業してだいぶ後の事です。

一方ネギくんの話を聞いていると、彼は起業する前から時間管理を含めて、物事を遂行していく独自ノウハウを持ちあわせていました。結果、独立を決めて1年ちょっとで法人化し、アパレル会社を経営。一緒に仕事がしたいと望んでいたメンバーとのビジネスも実現、個人の起業コンサルティングや、バイマのコンサルティング、さらには僕も経験した事がない規模の事業展開も実現しようとしています。

(いや、もう本当に驚きます…)

そんなネギくんこと山嵜幸博さんが万単位の費やしてきた時間でブラッシュアップされた手法を今回お伝えします。時間の捻出、事業の展開方法、パートナーシップ等、僕も起業当初に知っていたら事業スピードは大きく変わったでしょう。

セミナーは30名程の小さな会場でやる気に満ちあふれた方々のみで行ないます。

(遠方で来れない方は、後日10日前後かかりますが動画でお届けします。)

このメルマガで告知する前に、現在参加者は20名程が確定しています。彼の10000時間の経験を体系化したものを数万円の投資で吸収出来れば「時間対効果」は大きいです。決して安価ではありませんが、各ステージ毎に存在する時間の呪縛から解放されて、時間と収入の両面を増やしていきたい方は御申請下さい。

うーん。

もう、こう仰っていただき何と言えば良いものか・・・面と向かっては絶対にこのようなことを言われませんので、ちょっと恥ずかしいこともあり、次にお会いした際は赤面しそうですね。

今後、生きて行く中でもずっと役立つような、そんな時間管理や僕の頭の中にあるビジネスの作り方を初めて、紐解いてお話させていただければと考えています。

わかりづらい

ですが、僕がお話する勉強会のテーマは、イマイチわかりづらいものです。僕はそう思います。自分でさえ、いつも説明するのが難しいなって感じるテーマなのですよね。

「4週間でできるようになる時間管理、自己管理」

基本的に、上記が軸のお話になりますが一般ウケするのは、片手間でお金を得る方法であったり、極論を言えば売れるブランド・商品など。確かにお金を生み出すことができるようになれば起業もできますし、精神的・経済的なゆとりができ、あなたもハワイに行くこともできるでしょう。

ですが、僕は会社員から起業後の過程で、上記のような短期的で表面的なお話では不十分と実感しています。起業するということは、経営者です。

経営者というのは「安定」って言葉は無いのですね。

ここ重要です。

 

安定を求めるのであれば、僕起業しないことをオススメしています。商品やビジネスにはどうしても寿命が存在し、永遠に続くものは無いなと。まだ独立して来月で2年ですが、強く実感しています。

公共性があるものも、形を変えて行っていますしね。

例が正しいかわかりませんが、学校の教科書は教育の場で必要であり、人間が生まれて来る限り無くなることは考えにくい。しかし、恐らく紙という形態は変わる可能性は確実にありますよね。現にタブレット端末が学校に配布されていたり、進研ゼミもCMで配布していました!

紙という教科書であれば寿命に近づくということです。

っと話がズレそうなので戻しますが、安定・永続が無いことは起業家の宿命です。もちろん永続でなく、息を長くするというのはあります。

 

そうなると、勉強会でもお話しますが僕のビジネスを作る「リボルバー式」の考え方で、新しいビジネスを作っていく必要があります。更に、起業家だけでなく行きて行く限り必要と強く感じているのが、年末年始もお伝えしている内容で「自己管理」が鍵と感じます。

何百人も起業家や経営者さんに話をしている方が仰っていましたが、「成功している人に共通するのは自己管理能力」と。僕もそう感じます。だけども、僕も会社員の時はできませんでした(笑)

 

なので、僕は本にも雑誌にも載っていないような管理術を、紙1枚でシンプルにできるように作り出したわけですね。その結果が、僕の今であり過程でもあります。その「時間は短縮・お金は増える」管理術は勉強会で講師としてお話してきます。

楽しんできます!

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA