バイマを含めたアパレル通販の振り子はどう動くのか?

先日に山崎気まぐれ飲み会を行いました。
率直に・・・楽しすぎて「いいなやっぱ」と感じました。

2年、3年前はお茶会をやっていたり、勉強会があれば懇親会、ランチ会をしたりと本当に回数は少なかったですが開いていたものです。ここしばらくは年に2回程になっていて、読者さんである仲間と気さくに飲める時間はとても楽しく貴重だなと。

 

前日のナンパのようなお誘いに関わらず、名古屋より即答でお越しくださった女性のMさんや、3ヶ月前にBUYMAを始めたばかりのSさん等。

僕自身もポロポロポロポロと裏話や経営の話、過去の話をするぐらい濃い時間でした。ご参加メンバーの皆様、お疲れ様でした!

 

もうね。

メンバーともお話になりましたが今後、会員制で飲み会を毎月やる形にしました。会員専用アプリを考えています。BBQや何かイベントもできたらなと予定しています。

横の繋がり、僕の引き出し、情報交換に活用してもらえれば嬉しいですね。

 

まさかのfarfetchの傘下に

気まぐれ飲み会でも話しましたが、バイマ(BUYMA)の須田氏の講演を受けて今後の流れ・仮説を先日のオーディオブックでお届けしましたね。そして、さらに考えさせられるメールが「あるセレクトショップ」より届きました。

あなたは、LASO(ラソ)をご存知ですか? 
このようなECサイトです。

 

“現在”は、海外アパレルのセレクトショップ。

・・・現在?

2、3年前のLASOをご存知の方もいらっしゃるでしょう。元々はバイマ(BUYMA)と同じバイヤーとお客さんをマッチングする通販サイトでした。

 

バイマ(BUYMA)で売れているものが、LASOで売れていない。
LASOで売れているものが、バイマ(BUYMA)で売れていない。

このようなアベコベがよくあったのが、記憶に強く残っています。僕自身はLASOのサイトやニュースレターをリサーチに活用していて、メゾンキツネやストリート系ブランドで多くの恩恵があったものです。

そして、いつからか事業が変化しセレクトショップになっていました。その後もファッション情報が面白く、よく見ていたのですがメールが届きました。

 

その中で、こんな文章が。


「farfetchの傘下に加わることになりました」

 

・・・

・・

えーっっっ!?

 

びっくりしました。確かにLASOの経営陣の一人にfarfetchのチーフグロースオフィサーが
名を連ねておりました。

オーディオブックでも触れましたが、どんどん海外セレクトショップやECストアが多言語化し越境してきています。LASOも日本の会員さんを抱えるセレクトショップで、ファッション情報のメディア機能も持っています。

越境ECを展開するにあたり、LASOと協力し日本市場にもグイグイ来る流れが出てきました。

 

別にこれはバイマ(BUYMA)が無くなることや、今のショッパーとしてのビジネスが無くなる等を言いたいわけでなく、バイマ(BUYMA)を土台にスキルアップや思考力を鍛えていく必要が出てきます。

振り子が振れる時期なのかな。

 

さぁ、僕らはどういった動きをするのか?

気まぐれ飲み会では、あるバイマ(BUYMA)での劇的な動き方を提案しましたね。メンバーは視野に入れておいて欲しいです。これについては、どこかで話す機会を設けたいものですね。

ぜひ、オーディオブックも聞いていただき、数撃ちゃ当たる戦法のような、他ショッパーの猿真似に偏っていた人は考える力を身につけていきましょう!

 

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますので「こちら」よりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA