iPhone版のバイマアプリを使ってみた。

※スマホって本当に小さなパソコンで便利だよね

バイマのiPhone版のアプリ(2014年3月現在)が新しく登場しました。

iPhoneお持ちの方は見てみましたか?このような画面です。

picba00

 iPad miniより操作画面の動画を撮影してみました。

(iPadに対応していないようでアプリ無し)

アプリの説明や画面をご覧いただくとわかりますが、基本的にこれは「お客さん側」向けのアプリ。最新のものはバイヤー・ショッパーの管理画面も入れるようになり、パソコンで操作していた時と比べると格段に便利になりました!

お客さん側であるというから、「じゃあ、ダウンロードしなくてもいいや!」と考えるのはバイヤー・ショッパーとして失格です。

 

僕の読者さんにはいないはずなので、話を進めましょう。

僕らショッパー・バイヤーにとって、売上・利益が上がるのはお客さんのおかげです。そのお客さん視点でのアプリですので、リサーチの武器として使わない手がないのです。

まず、これはイイなと感じたのが下記の機能。

picba01

気づかれましたか?

よ〜く見てみてください。ランキング形式なのは当然ですが、表示の仕方がパソコンでは無い表示方法なのですね。

「ブランド名×カテゴリ」

年代別、性別、売れているブランド、売れているカテゴリの組合せでランキングが作られています。そのため、リサーチでブランドより入る場合や深堀りを行なう場合に需要があるカテゴリが一目瞭然というわけです。

経験を積むことでわかりますが、ブランドの中でもカテゴリで受注率に差が出てきます。

 

100位までとなり、人気ブランド中心となりますが、高利益のままの販売戦略も組み立てることができるでしょう。

またチャンネルとして新作や特集が設定できるのでそれをどう利用するか?これも考えてみましょう。他にもリサーチ方法や戦術として使える機能がありますのでまずは、アプリをイジり倒してみてください。

パソコン以外からのアクセスが増加している

また、アプリが登場したことで、今後はスマートフォンからのアクセス・欲しいもの数が増え、受注も増えてくることは遠い話ではないでしょう。

なぜか?

補足

2017年1月のBUYMAのIR情報では、アプリ経由の購入が既に約3割。スマホ経由が約5割を占めています。

お客さんよりお問い合わせをいただく中で気になるものが増えてきましたが、それは「文字化け」です。

文字化けは絵文字や特殊文字の場合、パソコンや携帯端末の機種によっては表示ができません。記号のイコールのような表示を見たことがあるでしょう。それが文字化けとなります。

パソコンでお問い合わせをするのでしたら、絵文字は中々使いません。


恐らくこれはスマートフォンやタブレットからのアクセスが増えていることが考えられます。もちろん一部、音符記号などで文字化けもしますので必ずしもスマートフォンだけとは言えません。

しかし、バイマが完成度の高いアプリをリリースしたのはそれだけの理由があると考えるのが当然ではないでしょうか。アプリからお問い合わせもできる機能がありましたのでこのアプリを逆に利用することを取り入れていきましょう!

 
僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA