バイマで受注を後押しする限定技とは?

bu1

※ピースの又吉さん、私服がかっこよくて好きです。

会社員の時、出勤のため歩いている途中のことです。

その途中にブック○フがあります。本やCDが安く買えたり、不要な本を売ることができる本屋さんです。お店の窓に大きく張り紙がされていて、こんなことが書いてありました。

「スタッフ募集中!残り6名!」

きましたよ。残り6名という人数限定の煽りです。

セールやレアな商品を販売する時に、「限定○○個」といった煽りをすることでお客さんの購入を促進しますよね。でも、ブッ○オフのは求人であり誰もがご存知であろうブック○フ。

 

僕はこのような心理に影響する言葉や行動に敏感ですが、このような使い方をはじめて見ました。ですので、どのぐらいの反応があったのか?とっても気になっています(笑)

あくまでも個人的にですが、求人に対する人数限定は逆効果と考えています。なぜかと言いますと人は、基本的にマイナスから物事を捉えます。その点から考えますと、どうしても疑ってしまいます。

「どんだけスタッフが辞めたんだ?」と。

 

限定感で人間を行動させるのであれば「限定×◯◯」というように、商品やサービスがオファーと合致しているかを考える必要があるでしょう。

なぜ、このお話をしたかと言いますと、バイマ(BUYMA)ではバイヤーが割引クーポンを発行できるのですね。これは販売を促進するためのツールとなります。

そんな中、テストをしました。

①誰でも使える1000円オフクーポン
②6人限定の500円オフクーポン

 

この二つを1週間毎に発行しました。
どちらが多く受注できたと思いますか?

1ですか?
2ですか??

 

結果から言いますと、「2」のクーポン利用が4件ありました。ちなみにクーポンが利用されるとこんなアイコンで表示されます。

0219

割引額を比較しましても、2に比べ1の方が500円お得であるにも関わらずです。テスト期間が短いため100%の確信は持てませんが、「限定」という誰もが好きなフックにより、購入という行動へ結びついたのではないでしょうか。

あなたはどのような言葉で行動したか?

これを考えることで、お客さんの行動を促すキッカケがわかります。
ぜひバイマにも取り入れてみてくださいね。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。
無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA