無在庫バイマで気づけなくなる利益率の罠

隠れた無在庫販売の罠

バイマの利益率。ショッパー仲間とお会いしたり日々のメッセージの中で必ず聞かれるテーマですね。

「利益率が低いんです・・・」
「利益率ってどのぐらいですか?」
「利益率を上げたいです」

結論から言えば、バイマで利益率を上げることに集中することは間違っている。

 

そう、僕は感じています。なぜかと言えば、そもそも利益率が上げづらい理由があり、商売の基本的な流れと”ズレ”があるためです。過去に「バイマで1つ1つの商品利益率を見ない理由」のテーマでブログでもお話していますのでご覧ください。

 

今回は、そこに関連して無在庫販売の”後ろ”に隠れている罠についてお話します。

当然ながらバイマの無在庫販売は、とてつもないメリットです。最初から在庫を持たなくて良いので手元の仕入資金も不要ですし売れなくとも不良在庫として残ることはありません。メリットだらけであるため、デメリットを探す方が難しいなとあなたも感じませんか?

その反面、利益率が上がらないことも表裏一体でその理由は先ほどのブログでもお話しているものです。

会社員だと気づきにくい方法

そう言えども「バイマで利益率は上げられない!」と指をくわえて黙っているのは違いますよね。

買い物に車で行きたいのにガソリンを入れるのが嫌で「誰か入れてくれないかな」」と家でゴロゴロしていたら餓死します。例が正しいとは思いませんが、バイマでも変化しない・周りを見ないようになるとどんどん利益が減っていきます。

 

利益率を上げるにはまとめ買いや割引交渉など打ち手はあります。
そもそもの仕入先の開拓も一つです。

そういったものは有効な手段であるのですが、会社員であると中々気づけない利益アップの方法があります。それは、資金のコントロール方法です。

 

無在庫の隠れた罠、メリットの裏返しと言いますか・・・
無在庫販売のメリットが逆にデメリットになっている現象が最近は僕もよく感じています。

勉強会やお会いした方には、お話していることですね。資金のコントロールと申し上げましたがバイマの基本は「売れてから仕入れる」ですよね。

 

通常の商売であれば、

・仕入れ
・店頭に並べる
・お客さんが来て手に取る
・レジで購入する
・売上発生、利益確定

上記がざっくりとした流れです。しかし、バイマは一気に飛び越えて仕入れが後になります。ココに罠があります。

何かを得るために、普通であれば必ず先に「お金が必要」であるはずなのですが、バイマの無在庫ではその意識が薄れます。物販で言えば、先にアパレル品を仕入れて販売をするということです。

そのため、先に実物のお金での仕入れがある。

 

この普通の流れがバイマの無在庫販売を行っていると普通では”無い”という感覚になり売上が増えない要因では?と、多くのショッパーさんに関わってきて強く感じます。

長くなりましたが上記を踏まえて、

・どう利益を上げるのか?
・会社員だと気づきにくい資金コントロール方法は?

についてですが、方法はシンプルです。

無在庫販売で出た利益がありますよね。よくよく聞くと、多くの方は自分のお小遣いとして楽しみに使ってしまいます(笑)

そうではなくて、全額までとは言いませんが半分を投資用に回すという資金コントロールをしましょう。投資用というのは、自己投資や何かサービスを利用するものも含みます。

 

例えば、今月に5万円の利益が残ったのであれば、60%の3万円をよく売れている商品の在庫購入に回そう!こうすることで3万円で更に売上を上げることができます。

そうしたら7万円の利益になった。
今月は、4.2万円を投資しよう。

・・・このような形で資金を投資することで雪だるま式に利益が増えていきます。

副業感覚でやっていると楽しみに利益を使いがち。
ですが、利益を上げるならば商売の基本、物販の流れから考えると当然の資金コントロールなのですね。

そう言っている僕自身も最初はわかりませんでした(笑)
段々とわかり、経営者になった今にもっと理解できたようなものです。

ビジネスは先行投資が必要。この意識を持つだけで変わりますので、資金コントロールを取り入れていきましょう!

 

僕は基本的にメールマガジンでのみお届けする動画・お話が多いです。無料でご購読できますのでこちらよりお読みください

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA