バイマで在庫が無いのを気にする必要が無い理由

※知人の会社を訪れると受付が電話BOX!かわいい。

仕方が無いお話なのですが、バイマ(BUYMA)のお客さんより次のようなお問合せがありました。あなたもご経験が多くあることでしょう。

お客さん
出品してるのでてっきり在庫あるのかと…残念です。

バイマは無在庫販売になり、このような状況では申し訳ありません。

 

ご注文をいただいても、在庫がなければ「取引キャンセル」となることがあります。キャンセルをすることは悔しいですし、お客さんをガッカリさせてしまうことは申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ですが、バイヤー活動をスタートしたばかりの方は気にしてしまうものですが、バイマは無在庫販売なのでキャンセルは割り切りましょう!っということも大事なのですが、本日は別の視点からのお話をしましょう。

どうすれば取引キャンセルにならないか?

ここから考えるべき重要なことがあるのです。
どうすればキャンセルにならないか?

 

回答としては「在庫を常にチェックする」はもちろん間違いではありません。

しかし、手間と時間がかかります。時間短縮もそうですが、出品している全ての商品を一つ一つチェックしていては、もっと大事なリサーチ&出品の時間が無くなりますのでアクセス数や欲しいもの数が多いものだけをチェックするのがオススメです。

 

その他には、どのような方法があるでしょうか?

それは・・・

 

お客さんより「受注をもらわない」のです。

YOU
ええっ?受注をもらわない?
YOU
バカなの?
YOU
このヘンタイ!

言い過ぎです!

 

どういうことかと言いますと、お客さんを教育する必要があるのです。教育という言葉は悪く聞こえますが、悪いことではなくて教えてあげるということ。

実は「注文してから仕入れる」というバイマのシステムをご存知ないお客さんがいらっしゃいます。しかし「利用規約読んでね」とは言えませんよね。

 

そのため、ご注文をいただく前にお客さんにキャンセルを減らすことに協力してもらいましょう。どうするかと言いますと、バイヤーのトップページやプロフィールに次のようにご案内をします。

人気商品のため在庫の確保が難しい次第です。
ご注文の前に、必ず在庫状況をお問合せください。

 

お問合せいただいた時点であれば、在庫がなければお断りだけで済みます。

もちろん、ご覧になられていないお客さんも多くいらっしゃいますが、記載していることで、言った言わないも回避できますし、トラブル時に証明が可能です。

要するに免責ですね。

 

このような一手間を行うことで、「受注後の取引キャンセル」が防げる可能性も高くなりますよね。

今後もあなたのお客さんになるかもしれませんし、他のバイヤーさんのためにもバイマのシステムを理解してもらうようにしましょう。

 

しかし・・・在庫が無くて取引キャンセルは悔しいもの。
そんな
悔しさを減らすためにも、出来ること・面倒なことをやっていきましょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA