バイマで活動する事業主としての視点とは?

※大阪のスタバにて

先日はバイマ(BUYMA)ノ勉強会@東京でした。大阪に引き続き2回目ですが 仲間に会え、話ができるのは楽しい時間です。懇親会もワイワイと、その姿を見ているだけで幸せでした。

弊社取締役の野口と話をしておりましたが、懇親会の方がみなさん喋る喋る・・・次回から勉強会でお酒を用意しておいた方がいいのでしょうか。 そう思いながらぐっすり眠り、楽しい時間をありがとうございます。

勉強会で感じたこととは?

その勉強会で感じたことを一つシェア。

シンプルなものです。

勉強会だけに当てはまるものではなく普段のご相談の中でも耳にするものですが、このような悩みをよくいただきます。

YOU
自分が外注さん、人を雇っていいのか・・・
YOU
このブランドを扱ってよいものか?
YOU
自分が○○なんてやっていいのか。

昔の僕自身にも当てはまるのですが・・・次の質問をあなたも自問自答してみてください。

「誰に、許可もらうの?」

無意識レベルで人間は誰かに許可をもらおうとします。

 

なぜか、許可をもらおうとするのですがバイマという土俵で事業をやられ、あなたは立派な事業主。 許可をもらうのは自分自身であり、無意識に行動への制限を掛けているわけです。事業主は自分の行動が、全て自分の未来に結果として戻ってきます。

制限したことで、何が戻ってきますか?

何も動き出さないので、何も戻ってきません。

勉強会でもお伝えしましたが自問自答、悩みの言い方を変えてみてください。

「どうしたら、できるのか?」 

この自問自答で頭が考えはじめます。スイッチが入ります。もう少し突っ込むと自分に掛ける制限は、自分への”言い訳”です。これって、実は自分自身がよくわかっています。では、その言い訳・制限を外すには?

 

先ほどお伝えしたので、おわかりですよね。

ぜひ、紙や手帳に書いて持ち歩き、毎日眺めてみてください。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA