バイマの画像をレストランのメニューから考える理由

通販会社のクライアントさんと静岡へ出張GOGOです。思うと年末のBUY億勉強会以来の新幹線移動!


電車、飛行機、船、バス・・・など
色々な交通手段がありますが費用対効果が一番高いのは新幹線のグリーン車で無かろうか?

空いていて、主要駅に止まるので使いやすく静かで作業に集中できます。

画像の努力は裏切らない

画像キャプチャソフトのSkitchがサービス終了になったことを受けて、前回にオススメのソフトを「バイマで便利な画像キャプチャソフト4選」を紹介しました

お役に立てたようで良かったです。

 

それに関連し、本日はバイマの画像について少し触れます。

イキナリ結論から申し上げますと「画像に凝った努力は裏切らない」です。
バイマにおいて、確信を持っています。

今後はわかりませんが現状のバイマでは動画を出品ページに追加できません。バイマ内の流通額、出品数、アクセスから考えると動画はサーバー圧迫なので現状は厳しそうですね。

 

あなたがレストランで食事をする時も、写真がある料理は目に付きますし、それをオーダーする確率は上がります。

ステーキ屋さんに行ったとします。

niku

ジュージューと音が聞こえそうで、ライスと一緒に食べたら絶対ウマイだろコレ!と思うほどの分厚い肉。フーフーしないと火傷しそうなぐらいな湯気でナイフで切ったら肉汁がドバァー!

見ているだけで唾液が出そう。
ソテーされたニンジンもイイ色。

 

テーブルの上で見るメニューや、お店の前のオススメメニューの看板を見て写真だけで「食べたい!」と思ったことはありませんか?

既に僕は東京駅の駅弁屋にあった牛タン弁当の写真で先ほどやられたわけです。

 

バイマも同じで、商品画像でどれだけ「あたしが身につけたらかわいいか?」をお客さんにイメージしてもらえるか。これは誰もが受注率を左右する要因とヒシヒシと感じているものでしょう。

画像加工が苦手!と思うかと思いますが「この人ウマイ!」とあなたが思う人は、その時点で「あなたを反応させている」わけで参考にさせてもらうのが一番ですね。

 

他にもインスタグラムでアップされているブランド、セレクトショップ、モデル、バイマ、ファッション情報サイトをフォローする。参考になるものはたくさんあります。

 

YOU
目をひく画像が苦手!

こういった声をよく聞きますが、それは「目をひく画像」の蓄積データを頭の中に持っていないだけです。良いと思う画像に多く触れ、それを手を動かし、放出する。

これをすると上手くなります。

 

実際に僕自身がそうやってきて知識とデザインの経験を重ねてきました。また、現在のバイマをスマホで見るとわかりますが最初に目につくのが圧倒的に”画像”です。

電車の中を見たり、女友達と話をしていましてもショッピングはスマホからがヒジョーに多い!そうなると、バイマで戦っていくには画像は鍵なわけですね。

 

クライアントさんを見ていても画像加工は売上・利益に繋がっており、努力は裏切っていません。

面倒なことはお金になる。
画像加工は面倒ですが、こう考えると避ける理由はありませんね!

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA