会社員がバイマの作業時間をどう作っているのか?

ice

※春うららの暖かさで我慢できなくなってアイスをかじる小道

本日は、同じサラリーマンの同志である方とSkypeでお話した内容をシェアします。

彼も僕と同じように、1日15〜20時間前後働いていらっしゃり、お話を伺うと大変なお仕事内容や状況でした。その中でご質問をいただいたあることが、「もしかしたら同じ悩みを持ったサラリーマンやOLさんいるんじゃ??」と感じたのです。

そのご質問の内容は、「1日15時間以上働いているのに、毎日作業していて作業量も多いですよね。時間管理のやり方ってどうしてます?」っという内容です。

 

このように質問をいただき、これは僕の「習慣」を紐解くとわかるかな?と感じました。先にお伝えしておきますと習慣は自然にやっていたというより、意識して続けているものです!

その意識しているコトは下記です。

①朝6時に起床する朝型生活
②スケジュール・目標やTodoは「手帳に手書きで」管理

大きくこの2点を常に意識しています。
2点と少ないですが、それぞれ見ていきましょう。

①朝6時に起床する朝型生活

サラリーマンでの帰りが22時〜25時の間ですので、物理的に時間がありません。僕は24時を過ぎると眠くなるので、それならばと思い早朝に起きて作業をするようにしています。お子ちゃまですね。

朝は静かで電話やメールの邪魔がありませんし、朝の1時間は夜の3時間に匹敵すると言われる程なので集中しサクサク作業が進みます。

②スケジュール・目標やTodoは手帳に手書きで管理

彼にお話した際、「知らなかった!」と言われましたのが、マンダラ手帳という手帳を使っていることです。不思議なことにこの手帳で管理し、立てた目標がどんどん達成されてます。

人生計画からはじまり、ビジネス計画→年間計画→月間計画→週間→日間と細かくスケジューリングします。マンダラアートという9マスで管理するのですね。

0204

真ん中のマスに目的や役割を記入し、週・日のスケジュールを組む事で9マスを俯瞰でき、マスの全てが関係性を持つという不思議。このおかげで、ヌケやモレ、作業の進捗がわかり何が重要で何が重要でないかで管理できます。

改めて考えてみますと、このマンダラ手帳を使うようになってから、

・書いた目標がドンドン達成された
・壁にぶつかっても乗り越えられた
・新しいアイディアが浮かんだ
・新しい出会いが増えた

と面白いようにコトが上手くまわるようになりました。宗教的ですか?
でも自分自身がこの不思議さに驚いています。

しかし、この意識して行っている習慣が、サラリーマンで1日15〜20時間働いている中でも毎日の作業をこなし、月20万円以上の利益を得ている理由と考えます。

 

YOU
時間が無くて作業ができない!

っと言うのは時間管理と作業の俯瞰が上手くできていないことでしょう。

ちょっとしたもの(僕の場合は手帳)で時間を作り、目標を達成するための行動につながります。ご質問からバイマ(BUYMA)に直接関係ないお話となりましたが、同じように時間がないサラリーマンやOLさんに少しでもご参考になりましたら嬉しいです。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA