お給料日をバイマの販売戦略へ生かす

ton

今回は、1ヶ月の中でテンションがあがる日であるお給料日を、バイマ(BUYMA)に生かすお話をさせていただきます。

あなたがサラリーマンやOLさんでしたら、1ヶ月の中でテンションが上がる日がありますよね?
それはいつですか?

 

人によって違うかもしれませんが、そう・・・「お給料日」です!

サラリーマン以外の方もそうでしょうし、少なくとも嫌いな人は少ないはずです。サラリーマン時代の僕はテンション上がりました(笑)

特にお給料日が金曜日でしたらそれはもう特に。

 

世間的に、毎月25日がお給料日という会社は多いです。他にも10日や20日の方もいらっしゃることでしょう。モノやサービスの販売側にとっては、お給料日の前と後では「後」が圧倒的に売上げUPします。

そして翌月の10日前後より、お客さんもお金が減ってきているので消費意欲が下がります。それに伴い売上げも下がります。

 

この「消費意欲」が高まるキッカケとして、お給料日は大きいイベントであるわけですね。お金がお財布に入ってハッピーな気持ちになりますし、僕もサラリーマンの時にもついつい飲みに行っていたものです。

「それで、これが一体何なんだ?」と言いますと、バイマでも同じことが起こります。

お給料日をバイマの販売戦略へ生かす

毎月10日前後から20日まではご購入やお問合せがガクンと減ります。

しかしながらお給料日が近づきますと、問合せが増加します。
そして、お給料日を境に・・・商品が売れていきます!

 

バイマで販売をしておりますと、お問合せや欲しいもの登録が多い週があるはずです。それはお給料日の前後であったりしませんか?

このような人間心理である消費パターンを、販売計画に入れ込むことで利益を増やしていけます。ぜひ、意識してみてください!

そもそも「自分自身はいつ買うかな?」と買い物をする側で考えていくとイメージしやすいでしょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA