ビジネスをする、生きていく中で分割をしない2つの理由

あなたも、生活の中で様々なお支払いをしているかと思います。スマホの利用料金、電気代やガス代といった公共料金といったように支払う場面は多いですよね。

そのような支払いの場面での選択の仕方がビジネスにも影響を与えていることはご存知でしょうか?

生きていく中で、なるべく分割しない

先日に読者さまよりご相談いただいた内容について、僕の経験談と経営の先輩であるシンさんの教えから回答します。ご相談内容としましては下記です。

no name
分割で支払いたいのですが、いかがでしょう?

コンダクターへのご相談であったリアルタイムな内容。

僕のコンダクター(コンサルティング)、経営者を育てるYDK・・・これらのサービス以外にも僕らが生活をしていく中で商品の購入やサービスを受ける時に分割が良いか?

それとも一括でお支払いをするのが良いか?
要するに、このようなご相談です。

 

あなたや僕らが生活する中で、サッカーの長友がCMするMAZDAの新車を買う時や、ローラが女優ばりに宣伝するTBCのエステを申し込む時、値段が張るモノは支払方法が選べることが多いですよね

結論から申し上げますと、僕は一括まとめてをオススメします。これはサービス提供者だから言うのでは無く、理由があるのですね。僕が経験した失敗と年収がもうよくわからない程ケタ違いのシンさんから教わった成功法則からの理由。

終わらず、マイナスが重なる

正直、理由はバイマで商品仕入れを行う時と同じように、まとめて購入する方が単価が下がるなどいくつかある。ですが、今回はビジネスにおける結果に着目します。

ここから、山崎くんが24歳だった頃にタイムスリップしましょう。今から7年前ということに、思考停止するほどショックで驚きます。

ポワン・・・ポワン・・・(タイムスリップの効果音)

 

当時、社会人になって一人暮らしにも慣れた頃、学生の時から使っていたパソコンの調子が悪くなり、約10万円のパソコンを購入しました。

支払方法はクレジットカードです。今でもそうですが、現金1万円を支払うのを悩む僕には、当時も一度に10人の諭吉さんが家出するのは恐かったです。ですが、社会人と言うこともあり10万円一括払いにしました。

そう、決済をした”その時”は・・・

 

お買い物当日に、カード会社(以下、カ)から電話がありました。

カ「初めての高額決済でしたので、不正利用が無いか確認のお電話をしました」

僕「おー、ご親切にありがとうございます。本人の利用です」

カ「確認ができましたので決済保留を解除します」

僕「よろしくお願いいたします」

カ「ところで、今回のお支払いが10万円でなく毎月5千円になるリボ払いはご存知でしょうか?」

今なら、キタキタ!と思い断るのですが、当時はお給料20万円でお金も無く、リボ払いの仕組みをよく知らず「月5千円の方が毎月使えるお金が増えるから助かるー」と。

カ「ニヤリ」

 

ニヤリとされたかはわかりませんが、10万円の支払いが気づいたら2年近くかかっていたのです。

ビジネスの世界に入るまでズボラ、お金について知らなかった僕が悪いですが、毎月の支払いは社会人なら痛くない5千円でリボ払いを気にしておらず「この支払いは何だろう?」と気づいた時には遅かったです。

10万円に年利14%の利息が付き、10万円の元本の支払いが中々減らない罠ですね。利息のために支払ををしているようなアリ地獄と言いますか。

 

結果、お金の痛みが薄いので、

・パソコンを大事にする意識も薄まる
・余計なお金を支払う
・貯めることができたお金をムダにした

カード会社からしますと、お金を貸しており、利息や年会費でリターンである利益を得るビジネスモデル。金融法で認められている範囲ですので、カード会社は悪くありません。無知であった僕が悪いので良い勉強になりました。

ここで学んだのは、お金という目に見える形で分割、ローンをすることで貸りを作るので損をする。しかも、そこに貸しに対する利子がつきますのでマイナスが積み重なり膨らむ。

 

この最悪の結末が、クレジットカードによる自転車操業のカード破産、自己破産のパターンと言えるでしょう。一つ目の理由が長くなりましたが、シンさんからの教えでもある二つ目。これはシンプルに行きます!

難しいものでなく、本当にシンプルだからです。

シンプルな理由2つ目

分割をするな!というシンさんの教えですが、僕が分割でサービスを受けようとした時に言われました。

「優先度が下がる。お金を大事にしなくなるから意識的に止めなさい。」

それはシンさんが今まで上場企業の顧問をしたり、経営者、起業家の卵を教えてきた中、富裕層から学んだことらしいです。

先ほど、24歳の山崎くんがパソコンを大事にする意識が薄くなったように、分割をするということは優先度を下げるシステム。

しかも、それを強制的に。

 

これは、僕の経験でも当てはまりました。

4年前に高額なビジネス情報の会員制サービスを分割で申し込んだのですが結局、何一つ活用せず存在を忘れ30万円ほどムダにしたことがあります。

また、購入・サービスを受ける側だけでなく提供側としても分割をされた方は依存体質が抜けにくい傾向があると感じます。

そのため中々、芽が出ない。
いつもの生活の方が心地が良いため、日常へ戻ってしまう。
ほとんどの結末はフェードアウトですね。

 

ですが、一括でお支払いするといったサービスは20万円、30万円、車で言えば数百万円、家で言えば数千万円と大きな金額になりがちで一括は難しい気持ちもよくわかります。僕は1万円も躊躇しますので。

分割支払いを避けると、長期的に得をしますので手持ちでお金があれば、基本的に分割は避ける。分割をする場合はできれば2回まで。僕のルールでもありますが、2回でなく3回、こういった時は何回と基準を設けておくと良いでしょう。

 

安物買いの銭失い。

このような言葉がありますが、ローンもこれが当てはまるとビジネスとお金を学ぶようになって痛感しています。あなたも生活の中で「分割払いになっているものは無いか?」と、改めて見直してみてください。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますので、こちらよりお読みください^ー^

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA