金運神社であなたのバイマ金運も祈願!

※ほうとう屋さんの七味入れ

先日、富士山の奥にある金運神社へ行ってきました。

今日で来るのは3回目(2014年5月)で、2017年になっても毎年恒例になっています。ちなみに、神々しい写真はこちらです。

kinun01

「金運神社ってなんのこっちゃ?」と思うでしょう。実は起業家や社長さんが数多く訪れる場所でして、ちょっとお話します。

金運神社って何?

最初はもちろん、スピリチュアルだなぁ〜と思っていたものです。

経営者や起業家の中では結構有名で、その名の通り金運が上がると言われている場所。元々は上場企業である船井総研の船井氏が、次のように言われたのが発端とのこと。

「お金に困りたくなかったらこの神社へ行くとよい」

起業家や経営者の間ではとても有名で、富士山の奥なのに高級車が並んでいることも。なんとも不思議な光景ですね。参拝をすると、事業が上手く行くのですね。そのため、お礼を伝えに半年に1回伺っているわけです。あなたの楽しい未来も幸せも、一緒にお話しましたので今後も楽しみましょう!

 

そのおかげか、ある大学での講演のお話が入ってきました。金運神社に行く度に本当にこのようなことが起こります。こればっかりは説明がし切れないことなので、信じるか信じないかはあなた次第。

ちょっと都市伝説風に言ってみましたが・・・起業家の先輩方が後輩の起業家たちを連れて行くように、行った人が事業に成功するので継承されているわけですね。

日曜日にセミナーに行ってきました

先日、セミナーにめったに行かない僕がセミナーへ行って参りました。僕のご紹介で参加された方で、特典をご請求いただいた方にはお話していますが、僕は下記の視点で参加しています。

講師の方の、

・話の仕方

・受講者を飽きさせない工夫

・間の使い方

・話の組み立て方

このような部分です。僕自身がセミナーで話をしたり、法人様との交渉等の機会も増えてきたため、 僕自身のステップアップ “に関わる部分ですね。僕がレベルアップしなければ、個人・法人問わずクライアントさんへご提供できる価値もレベルアップできません。とても勉強になった充実の1日でした。

今からできる成功習慣

セミナー内容を受け、あなたが今からでもできる成功習慣をお伝えしますね。

テクニックを求める方には嫌がられ、苦手な人が多い思考のお話ですのでイヤな場合は読まなくとも結構です。それは、「断定」するということ。

僕自身、多くの方とお話をしてきて感じているのですが、8割の方は「目標や夢が曖昧」です。それ以前に普段から発する言葉も曖昧。どういうことか?

・思う

・なりたい

・したい

など、上記のようなふんわりとした言葉を使う方が多いです。

僕のメールマガジンをご覧いただくと、「思う」という言葉を極力使わないことに気づくはずです。自信が無い聞いた話などには使いますが。

 

なぜ、この曖昧な断定していない言葉がダメなのか?例えば下記の二つを比べてみてください。AとB、どちらの方が叶うと思いますか?

A. 『家族を幸せにできればいいなぁ』

B. 『家族を幸せにする!』

後者の方が強い気持ちとパワーを感じますよね?

思考は現実化するという言葉がありますが、人間の脳というのは錯覚を起こしやすい構造を持っています。しっかりと意識し目標や夢を持っていれば、その達成のために脳が指令を出し、行動に繋がります。

結果、その想いが現実となる。

 

もう、これは経験した人しか理解できませんが、騙されたと思ってやってみてください。ビックリするぐらい毎日が上手く回っていきます。曖昧なふんわりとした「思う」ではなくて、「する」「なる」「やる」といった断定の話し方を意識しましょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA