輸入ビジネスのバイマは円安が不利とは本当か?

rock

※ロックが効いた味でした(棒読み)

ドルと円の通貨レートですが2012年の冬と比較しますと、今は1ドル=90.88円(2013年1月現在)と円安に振れていますね。円安と円高についての説明は割愛しますが、2012年は1ドル=78〜80円と10円前後も円が安く懐かしい思い出です(遠い目)

ちょうど、僕がバイマ(BUYMA)をはじめた頃ですので余計そう思うのかもしれません。

 

あなたと僕が行っている輸入ビジネスは、円高であれば仕入れ価格が安くすみますので当然、買付もしやすく利益も多くなります。

一方、円安になりましたら仕入れ価格が円高に比べて高くなりますよね。そして、円安・円高の通貨レート変動がありますとこのように仰る方も・・・

YOU
円高だったので輸入やりやすいですよね〜
YOU
円安じゃ、儲からなくて大変じゃないですか?

あなたは、これについてどう思いますか?

バイマに興味が全くないのでしたら良いのですが、このようなことを気にして足踏みしたまま何もやらないという方も多いです。

「円安=リスク」は本当に正しいでしょうか?

 

はっきりお話してしまいますが、バイマで円安・円高はさほど問題ではないです。もちろん大きな企業のように、一つの商品を何百万、何千万ロットと一度に仕入れる場合や先にドルやユーロを購入している場合は通貨レートの変動で大きな金額の差がでてきます。

100万ロットの商品を仕入れるのに、1ドル=80円の時と90円の時では大きな差ですからね。(8千万:9千万と1千万の差)

 

わかりやすくするため極端な例をあげましたが、バイマの輸入ビジネスで扱う商品は基本的にはどのバイヤーも扱えます。

そうであるならば、誰でも円安・円高の影響を受けるのであなたと同じはずです。もちろん、仕入ルートや自分が欲しい利益によって出品価格が変わりますので一概には言えません。

しかしながら、基本的には世界共通である通貨レートの影響を受けバイヤーは輸入ビジネスをしています。世界で一人だけが使える通貨は存在しませんし、仮にあったとしましてもその通貨でモノを交換してくれる人なんていませんよね。

 

ですので、どのバイヤーでも通貨の条件は一緒
円安では、商品仕入価格は国内のバイヤーは一緒。

その逆も同様です。

 

BUYMAでの戦い方は価格だけではありません。

今までお話させていただいたように、商品画像の見せ方や提案型のバイヤーやリピートをしていただくための戦術があります。他に、もっと大事なこととしては仕入れの幅ですね。

そのため、

「円安だから」
「円高だから」

と恐れることがないような戦術を今後もお伝えしていければと思います。

 

通貨レートの変動をリスクと思い、いつまでたっても始められないということがなくなったのではないでしょうか?バイマは比較的早く、収益化することが可能です。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA