時間は作るしかない。3ヶ月だけやってみよう。

※蘭の滝みたいな感じでインパクト大!

バイマ(BUYMA)より少し離れまして、心の在り方についてのお話。

あなたも経験があると思うのですが、無意識に口からポロッと出てしまうような言葉ってありませんか?口癖みたいなモノです。その中で耳にしたり、目にする機会が多い言葉があるのですが僕が特に嫌いな言葉があったりする。

 

それは・・・時間がない」という言葉。

 

例をあげましょう。
何かをしようとすると、

「時間が無いから後でいいや」
「時間が無いからそんな余裕がない」

 

会う約束をしようとすると、

「時間が無いから別の機会に」
「時間がないので予定が…」

 

いかがですか?
この言葉はしょっちゅう耳にしたり、目にする機会が多いと思いませんか?

本気で何かをやり遂げよう、目標を達成しようとしているのであれば「時間が無い」なんて言葉は出てこないはずなんですよ。なぜならば、時間が無くても、本気で何かをやるのであれば「時間を作るはず」です。

そう、時間が無いなら作ればいい。

 

しかし、時間なんて物理的に作り出すことは僕だってできません。時間は、全人類に共通で平等に与えられたもの。時間を作るというのは、成し遂げたい目的のために計画しスケジュールを組み効率よく使うということ。

そんな「時間が無い」と言う人に限って、共通している行動があるものです。

・テレビをダラダラみている
・飲み会ばかり参加する
・夜は遅くまで夜更かし、朝はギリギリまで寝ている
・無駄なネットサーフィン

 

こちらの4つは一例ですが、1日の生活の中で無駄な時間を自分が作っているんですよ。そこが改善できないということは、自由になりたい・目的を達成したいと「本気」で思っていない証拠です。

こういうお話をすると、

YOU
結婚していないから言えるんだ!
YOU
楽な仕事してんだろ!

 

このように思われるかもしれませんが、僕は1日15時間〜20時間働き、不夜城と言われる広告業界のアカウントプランナー。

睡眠時間は2〜3時間で、ストレスや疲れを消すためにお酒に走りました。そのため、キーボードを打つ手が震えたことでお医者さんに行きましたら「アルコール中毒手前ですね」と笑って言われたことがあります。

このままストレスで死にたくないので、「本気」で自由のために時間を作りました。

 

僕がどう時間を作ったかをお話しますね。今では、依頼があった場合のみ行動管理コンサルティングをしておりますが、「今まで習ったことがない!」と好評です。

・会社からの帰宅後、深夜3時まで作業
・5時、または6時に起き会社近くのカフェで作業
・ランチは同僚と行くのを止め、40分間作業
・移動時はスマートフォンで作業(顧客対応やリサーチ)
・飲み会は週一回で、後は断る
・土日は早朝5時から作業(彼女には土下座)

 

上記は僕の極端な例ですが、テレビなんてコンセント抜いてます。今も部屋のインテリアになってます(笑)

僕がどう時間を使ったかをご覧いただくと、日々の生活での無駄ってどんだけあるんだ!ってわかりますよね。もちろん、人によって生活環境は異なりますので真似をするものではないでしょう。

 

長文となり申し訳ないのですが、何を言いたいかと言いますと「時間は作れる」のです。

特にサラリーマンやOLを脱出し、自由になりたいと思うのであれば、副業をする時間を作らなければ永遠に手に入りません。僕の時間を作る方法が参考になれば幸いです。

 

「時間がない」なんて言い訳やめちゃいましょう。
たった3ヶ月頑張ればいいのです。

その先は段々と楽になってきます。

 

「時間がない、じゃあ作るためにはどうする?」と考えることで自ずと明確になりますよ。もし時間管理やタスク管理が苦手、どうしてもダラけてしまう等ありましたら管理方法もお話していますのでお気軽にご相談くださいね。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA