バイマに慣れた後のリンゴの悲劇

※これはザクロ(デザート)

久々の「失敗談シリーズ」のお時間です。

 

読者さんとお会いしたりメッセージをいただく中で、この失敗談シリーズに対して「アルアル」と突っ込まれ、嬉しいものです。

失敗談シリーズ
他の失敗談シリーズはこちらからご覧ください。 

知っていますよ。
あなたも失敗談好きですよね。

 

とにかく、あなたがこの失敗談を先に知ることできる。
同じ失敗を避けれますのでオススメです。

そう、僕は失敗の先輩。
今日から先輩と呼んでください。

 

今回の失敗談シリーズは「リンゴの悲劇」です。

リンゴの悲劇

ある朝、バイマ(BUYMA)のお客さんよりメッセージをいただきました。

0605

なんですと?

リンゴ・・・じゃなくて、アップル製品のiPhoneケースにiPhoneが入らないとのメッセージです。

何言ってんだ、この人(失礼)

 

どうやらiPhone「5」が入らないとのことで、しかもお客さんは以前「4S」だったので、サイズ的に「4Sのサイズだと思います」と。

余談ですがこのお客さんちょっと面白く、

お客さん
なんとか足掻いて入れてみたのですが、入りませんでした(笑)

っと(笑)

 

そんなお客さんのメッセージなので、これは本当にサイズが間違っていると確信。
お客さんへ着払いで返送をお願いしました。

返送されたケースを見て、僕が持っているiPhone5を入れてみると入りませんでした。僕は仕入れショップの「新作」の所から買いましたので、当時は「5用」と思い込んでいたのですね。

ってか「新作」に掲載するな・・・

 

仕入値が10,000円程と、iPhoneケースの中では高額なので在庫は持ちたくない。
考えた方法が2点です。

・ショップに返品&返金依頼
・再出品で再販売

 

結果から言いますと今、僕の手元に在庫としてあります。

 

【ショップへの返品】
2週間以内での返品は可能。
しかし掲載ミスの説明をしても2週間を超過しているから返品NG。

【再出品】
いくら安く出品しても、今から「4S」のケースを購入するモノ好きはいない(笑)

 

どなたか、iPhone 4S用ケース買いませんか?

これは、サイズの確認を怠り、「過信」が引き起こした失敗です!慣れてきても過信はせずに、最低限の確認は行ってくださいね。このiPhoneケースは今後、オブジェかプレゼントとなるでしょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA