BUYMAで生き残る考え方

BUYMA(バイマ)の管理画面変更から考えるアクティブ戦略

じぶんをプラットフォームに、山嵜です。
 
一時的でなく失敗を根本から防ぎ、ながーく生き残れる体質になっていただくための情報をお届けしながら、良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。
 

BUYMA(バイマ)の管理画面変更から考えるアクティブ戦略

バイマ(BUYMA)の管理画面はご覧になりましたか?

8月17日(2016年)にログインすると、管理画面が一新されていましたね。

 

この記事は2016年のリニューアルについて執筆しておりますが、このリニューアルは度々あります。

この意味を仮説でも良いので「なぜ?」を考える癖をつけますと受注が増えるずっと変わらない本質についてお話していますので一緒に考えてみましょう。

 

最初は戸惑いましたが数値もパッと見やすくなり、クリックする頻度が高いメニューが上になっていますね。

こちらから変更点の詳細が確認できます。
ご参考ください。

 

これにより、問い合わせのやり取りもfacebookのメッセンジャーのようにやり取りが見やすく、該当商品がサイドバーに表示されイイですね!

しかし・・・

個人的に出品管理において、出品中やリクエスト受け付け中の件数がカーソルを当てるか、クリックをしなければ一覧表示でわからないのは不便だなぁと感じました。

僕だけ?

 

やはり気づかない間に、リクエスト受付中になっていることもありますので。

また、個人的にはもっと件数が見やすくなれば・・・!
このように要望を出そうかなと模索中です。

他にも上部の数値推移の箇所において、「前日」とある部分が前々日の数字と比較表示されたら便利ではないでしょうか?

キーマンに気に入られるメリット

バイマ(BUYMA)のLINEにもショッパーポストが露出されるようになりました。

そして、先ほどのように管理画面がリニューアルされ気づくことはありませんか?

・・・
・・

ヒントとしては「出品する」ボタンの右横にはどんなボタンがありますか?

・・・
・・

そう、ショッパーポストです。

リニューアルされた管理画面の上部、インスタグラム・LINEにも掲載されるようになっていますが「ふーん、そうなんだ」で終わってはNGです。

ここから「なぜ?そうなったのか?」や「意図はなんだろう?」と自問自答しましょう。

 

簡単にできる思考力のトレーニングです。
もちろん、仮説でも良いのでラフに考えてみましょう。

 

ショッパーポストが使いやすくなったり、露出先が増える仕様変更があるということはバイマ(BUYMA)も重要視しておりプッシュするから。

っということは、ガツガツ使うことが、あなたの売上・利益にも繋がるというロジックになるわけです。

 

勉強会やリサーチのお話、精神と時の1日部屋等で実際にお会いした方にお話するのですが「バイマ(BUYMA)に気に入られよう」と伝えます。

なぜか?

 

あなたや僕らにとっての親玉はバイマ(BUYMA)であり、嫌われたら最悪のケースではアカウント停止です。

お仕事や会社内でもプレゼンが上手く行ったり、企画が通ったりするために「キーマン」を攻略するとスムーズに行く経験はしたことありませんか?

人によっては世渡り上手なんて言われたりします(笑)

 

ちなみに山嵜は、サラリーマンの時はそれが苦手でとんがっており反抗ばかりしてました。

そのため、企画や発言を通しずらかった思い出がありますね。

そうは言ってもバイマ(BUYMA)に気に入られると言うのはイメージしづらいかもしれません。

 

難しく考えるのではなくて仕様変更や機能追加で、なぜされたのか?を意識すると、効果的に売上・利益UPの打ち手が自ずとわかるのです。

例えば、Buyer’s Infoがあります。

「なんちゃらセールやります!」とメールマガジンで野口さんや稲妻さんがアナウンスされていますよね。

 

っということは、バイマ(BUYMA)がプッシュしてくれ、広告費等を掛けてくれることを宣言しています。

それに乗ってくれるショッパーさんはバイマ(BUYMA)にとっては「イイ人♡」となります。

 

普段の生活をイメージして欲しいのですが、あなたを好きと言ってくれる人を「嫌い!」となりにくいですよね。

これと一緒です。

このように考えて行くと、ビジネスも普段の人間心理も似ているなぁと感じませんか?楽しんで思考力を上げていき、売上・利益も増やしてみてくださいね。

 
僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。
 
18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でご購読できますので「こちら」よりお読みください。
 
スパムメールやコメントがあり困っておりコメント欄をクローズいたしましたため、ご感想やご質問はマガジン内記載のアドレスへいただけると幸いです。