BUYMAのノウハウ

BUYMA(バイマ)でスマホの購入層へアプローチする方法

山嵜です。

一時的でなく失敗を根本から防ぎ、ながーく生き残れる体質になっていただくための情報をお届けしながら、良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。

BUYMA(バイマ)でスマホの購入層へアプローチする方法

BUYMAのホームページをスマホよりご覧になったことはありますか?アプリも出ていますが、パソコンばかりというショッパーさんが多いです。

2019年現在、アプリはだいぶ改善され安定もし、アプリを通して問合せ対応や商品管理もできるようになったのは始めた頃と比べると僕的には感動ものです。

 

そんなアプリですが、「パソコンからしかBUYMAのサイトを見たことが無い」という場合は覗いてみてください。

今では年代問わず、スマホを持っている人ばかりで電車の中を見回すと、座席に座っている全員がスマホという光景です。

僕の友人は、「スマホがあるからパソコンいらない」と言っており、彼女の場合は極端ですがパソコンの代わりになっている点は見過ごせません

 

それはなぜか?といえば、パソコンの代わりになっているということは、BUYMAを利用するお客さんもスマホ経由でお買い物をしているということです。

BUYMAを運営するエニグモ社が発表した前期決算資料があるのですが、スマホからの売上が前年との比較で約4倍強伸びていることがわかります。

BUYMAがスマホやアプリのショッピングサイトを日々見やすく、使いやすく更新していることで、モバイル端末からの購入者が増えているという事実が容易に予想できます。

スマホから購入するお客さんはどんな人か?

そこで、スマホからのお客さんはどんな方かを考えてみましょう。

僕はバリバリの携帯世代ですが、スマホでの長文入力は好きでないです。

さらにはパソコンに比べ、画面の大きさも小さいのでその画面の中で文字を読み、必要事項を入力するのは個人差がありますが楽ではないと言えます。

 

このように考えますと、どうしてもスマホで購入するお客さんは「若年層」であるという傾向(執筆当時)があります。

パソコンが家族との共用であったり、または使わせてもらえなかった世代は携帯電話でインターネットやメールを利用しています。

 

実際にBUYMAで、

・パソコンのBUYMAホームページ
・スマホのBUYMAホームページ

これらの売れ筋ブランドランキングを見ますと、上位に入るブランドが異なってきます。

【パソコン版】
1.CHANEL(シャネル)
2.MONCLER(モンクレール)
3.PRADA(プラダ)

【スマホ版】
1.ASOS(エイソス)
2.kate spade(ケイトスペード)
3.Coach(コーチ)

パソコン版での出品価格帯は10万円を超え、一方のスマホ版では1万円代〜と顕著に価格差がでているのです。

やはり年代で見ますと、20代に近づくにつれ使えるお金が限られてくるので上記は面白いデータではないでしょうか。

必ず、「スマホ向けに安価の商品だ!」とは言えませんが、パソコン以外の入り口からの購入もあるということを気にする必要が出てきていると言えますから、いつだって我々はお客さん目線が大切ということです。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。

スパムメールやコメントがあり困っておりコメント欄をクローズいたしましたため、ご感想やご質問はマガジン内記載のアドレスへいただけると幸いです。