BUYMA(バイマ)

リユース市場から見る無在庫バイマの変化と対策

「残念すぎる猫展」に行ってきましたニャー

脱プラットフォームし、じぶんをプラットフォームに。

BUYMA逆算・マーケティングトレーナーの山嵜です。

 

開催が9日までだったので、ギリギリ滑り込みセーフ。

ちょっと残念なネコの”変顔”や、「どうしてそんなことに?」と突っ込みたくなる”瞬間”が、写真で展示されネコ好きにはたまりませんでした。

 

スマホから写真をお見せし、一緒にきゃっきゃしたいのですがどうしても文字ではできません。

写真家の沖さんはブログ・インスタもされており毎日、ネコがUPされておりますので、ネコ好きの方は癒されてください。

こんな肌感がありませんでした?(動画解説)

2018年、バイマ(BUYMA)をされている中で、うすうすと感じた肌感はありませんでしたか?

っと、意味がわかりませんよね。

リユース市場の変化から見る

無在庫バイマの変化・対策

このテーマでお話をいたしました。

どんな変化か?

そして、僕らはどう対策していけばよいか?

 

続きは下記よりお聴きください。

また、今回のお話をお聴きになる際、冒頭でお気をつけいただきたい点をお話しています。ぜひ、その点をご意識いただければ幸いです(^ー^)

15秒でわかる!動画内容のまとめ

✔︎リユース市場=中古品市場

✔︎肌感として新品・無在庫市場の販売が鈍化してきた

✔︎市場伸び率がメルカリやリユース非常と比較し大きな差

✔︎ではどうするか?物販全体を見て販路等を増やし柱を作る

✔︎一般消費者の価値観変化に乗りポートフォリオを組むイメージを

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。

動画マガジン(無料)
動画マガジン(無料)

18,000人以上が読む動画マガジン(無料)
読むだけで利益UPをご体感ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA