バイマのリサーチは2種類、そして表裏一体である理由とは?

※驚異の糖質1g大豆パーン

2月21日でバイマ(BUYMA)が10歳になりました。

おめでとうございます!

2005年よりスタートし、僕がバイヤー(現・ショッパー)となったのは2011年11月。上場もされ、既に会員数も2014年8月で200万人に達しております。

補足

2017年2月現在 会員数は400万人へ。

僕はバイマが大好きで、今の自分があるのもバイマのおかげ。あなたとご縁をいただいたのもバイマのおかげ。

僕自身も広告代理店出身であるためか勝手に親近感を持ち、創業者の須田氏・田中氏も恐縮ながら大好きで書籍も何度も読んでいます。現在、須田氏は代表を離れられていらっしゃいますが、尊敬する経営者さんで、カッケーと思います。

 

そのような経緯もあり、バイマが10歳というのは僕にとっても喜びです。ホリエモン.comに須田さんが出演された映像も何度も見ておりますし、これからも面白いこと、経営、バイマについて学ばせていただければ幸いです。

リサーチは2種類

僕のブログへ訪れるキッカケや、ご相談のメッセージで多いものの一つがバイマでの売れる商品リサーチです。

バイマ、アパレル販売はもちろん、インターネットでのビジネス、物販を行うのであれば永遠のテーマと感じます。オリジナル商品を扱うにも、リサーチが前提でデザイン・製造ですよね。これはバイマにも当然ながら当てはまる。

 

ところであなたは、バイマにおけるリサーチと言うと何を考えますか?

・・

・・・

いただくメッセージや僕が運営するコミュニティでの会話を紐解くと、「売れる商品のリサーチ」ということが真っ先に思い浮かぶものなのかなと。しかしながら、以前お話したことがありますが、リサーチは大きく2種類あると言えるでしょう。

・売れる商品のリサーチ

・仕入先のリサーチ

これら二つは表裏一体。

切っても切り離せないため、意識せずに行っている方も多いはずでしょう。ですが、僕は多くの方は前者に集中しており、後者は意識が薄いのではと感じます。

弊社で教えているショッパー、バイヤーさんを見ていても、仕入先のリサーチに時間を割いている方は収益・成長スピードが早い。単純に出品できる商品もブランドも多くなりますしね。

 

極端(とは思いませんが)に言えば、売れる商品というのはバイマが教えてくれている

バイマの中を見ればわかりますし、バイヤーライフ(Buyer Life)であれば数回のクリックで見れます。そして、次の課題となるのが仕入原価や仕入先。

そうであるならば、ここに時間をかける必要があるわけです。僕が自分の作業を手離れし収益が複数より入るようになったのは、バイマの仕組化を行ったことはもちろんです。紐解くと僕自身は、仕入先のリサーチと原価を下げることに集中したと言えるでしょう。

売れる商品は「人に任せ」、もっと大事な上記に動く。

ちなみに売れる商品のリサーチを外注化するシンプルな方法は、以前開講した「BUYMA外注化 7日間集中講義の6日目」でお話していますのでご参考ください。

 

仕入先や原価を下げるために行動をする時に外国語が関係していきます。そのため、この部分のリサーチに躊躇する方も多いのでしょうか。でも、僕も英語ほとんどできませんし今は翻訳サイトもありますし。

外注化で格安で代行してもらうのも可能です。要するに、あなたが思っているより壁は低いと言えるでしょう。ぜひ、利益につながる仕組化と、時間を掛ける先を改めて考えてみましょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA