コミュニケーション術

BUYMA(バイマ)、ビジネスは「過剰なぐらい」でいい理由

※おトイレも仮装

脱プラットフォームし、じぶんをプラットフォームに。

BUYMA逆算・マーケティングトレーナーの山嵜です。

 

2019年10月12日は今までにない台風といわれ、誰もが未知の状況でした。

我が家は備えをしましたが、何事もなく台風が過ぎ去り読者さんでもやり取りした方々はご無事の方ばかりでした。

 

しかし、ニュースで被災地域の状況を拝見し心を痛むものばかり。

読者さん全員がご無事でありますこと、そして、早めの復興をお祈りしております。

今日のUP(うれしポイント)

※UPは読者さんの嬉しいメッセージを忘れないよう記録する勝手習慣です。

(Yさんより)

動画は何度も視聴しています。

本質を突いた内容で、他の講座とは違うと思いました。


私はある物販コミュニティに属しているのですが、そこでは「利益500円くらいまで値下げしろ」と価格競争を教えています。

でもそのやり方が私にはストレスで。。。もっと私に向いた方法はないかと模索中です。

BUYMAというか、商売の本質を教えて頂き、ありがとうございました。

⇒中心に据えられるもの。

本質をどれだけおさえるかに尽きると僕は考えています。

テクニックは一過性で、それは手札の一つであるだけと、しっかり理解しているかどうかは大きな人生の差をうみます。

過剰なぐらいが稼げる人になる(動画解説)

我が家に納品でいらっしゃった2つの家具屋さんとのやり取りから、ショッパーとして、ビジネスをやる人間として過剰さを意識できるか?

この点が人生の質もお金を稼げる人になれるか否か?っといったような、大きなインパクトを与える姿勢があるなと感じました。


僕らは、常に「提供側」という意識を持ち、「過剰でOK」でいきましょう。

 

では、一体これはどんな意味か?

続きは下記よりお聴きください。(14分ほどです)

15秒でわかる!動画内容のまとめ

✔︎提供側:自分から他者へ何かの形で情報やモノ、価値が移動

✔︎物足りないと思うと評価がネガテイブになるのが人間心理

✔︎ネガテイブは価格や会社・店舗全体へ誇張や炎上や飛び火する

✔︎提供側は過剰ぐらいである方がマイナスになりにくい

✔︎自分が10伝えたり提供しても他者は1しかわからないもの

ご感想・アウトプットもお待ちしております。

 

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 
 
18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA