BUYMAで生き残る考え方

BUYMA(バイマ)で仕入先から有利な条件をいただく方法【受注が減らない】

山嵜です。

一時的でなく失敗を根本から防ぎ、ながーく生き残れる体質になっていただくための情報をお届けしながら、良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。

BUYMA(バイマ)で仕入先から有利な条件をいただく方法【受注が減らない】

本日のテーマは前回の記事「発送期限が間にあわない・延長NGへの対処方法」からの派生となりますので、まだご覧になっていない場合は前回記事を先に目を通してください。

読者さんとお話していると、こんな視野であることによく遭遇します。

BUYMAでは、お客さんとあなた(ショッパー)しか参加プレーヤーがいない

2012年から積み上げてきた僕ならではのBUYMAでの本質論・僕の理論になりますが、この視野のままですと売上は確実に伸び悩みます

受注は減っていきます。

 

事実、2019年にきまぐれで超珍しく個別サポート(現在は再度、停止しています)を限定で行った中でこれはズバリ当てはまっていました。

さて、BUYMAの参加プレーヤーはショッパーであるあなたとお客さん以外には、大きくいうと他に誰がいるでしょうか?

 

それは、BUYMAの運営会社であるエニグモさんと仕入先となります。

細かく言えばもっとプレイヤーがいますがこの4者が参加しているわけですね。

 

そうなると、この4者全員がメリットを受けれる形を考えないといけませんが、どうしても売り手である我々ショッパーは自分本位のメリットを考えてしまいがちです。

特にBUYMAの買い付けは、オンラインショップでショッピング感覚で完結しがちですから、仕入先との関係を意識することに頭がなかなか向きづらく当然です。

しかし、そのままの意識では確実に受注が減っていく結果となります。

 

では、その仕入先との関係を踏まえた上での戦略・戦術を動画で解説しました。

方法もそうですが、僕の「思考の流れ」を、あなたが戦略・戦術を考える際の「思考の補助線」として持っていただくキッカケになれば幸いです。

15秒でわかる!動画内容のまとめ

✔︎仕入先の返品・キャンセル規約で諦めるのはまだ早い
✔︎仕入先スタッフさんも人間=関係性を作る視点を持つ
✔︎交渉の成功確率UPすれば有利な条件も可能性UP
✔︎割引やクーポン、送料などの優遇も
✔︎【大事】人として悪用はしないことが前提

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。

スパムメールやコメントがあり困っておりコメント欄をクローズいたしましたため、ご感想やご質問はマガジン内記載のアドレスへいただけると幸いです。