BUYMAで生き残る考え方

「時間があっという間に過ぎる」を繰り返す原因とは?

※友人のお店が入る洒落た建築モール

脱プラットフォームし、じぶんをプラットフォームに。

BUYMA(バイマ)逆算・マーケティングトレーナーの山嵜です。

 

今年に合わせて立てたバイマ(BUYMA)目標について、あなたはどの程度まで達成できていますでしょうか?

多いパターンとして、目標自体を忘れている場合もあるかもしれませんね。

ちなみに僕は8割達成できています。

残り3ヶ月かぁ

まだ3ヶ月ある

流されず、今の現実を受け止め、目標との差を埋めることをしていきましょう。

ここから年末にかけて大きく消費行動やお金、商品が動きますので年末の数値は今の動きですから、しっかりと意識していきましょう。

今から何をするか?

そうは言いましても・・・

何をしていいかわからない!

このままではダメ。わかっているけど・・・

このようにヤキモキ、焦り、自己嫌悪になりがちです。

 

その気持ちよーくわかります。

ですので、次のことを一緒にやってみましょう。

月初めに立てた目標に沿って、

必要な作業を洗い出し、

時間・行動の計画を立て、

終わらなかった作業は調整する。

これを繰り返し行なっていることで、日々の知識もそうですが売上・利益という目に見える数字で進み具合を確認できます。

これは何もバイマに限りません。

 

あなたも僕も、9月にダラダラしてしまったとします。

テレビを見ていたり、ムダに寝ていたり・・・そこに反省し、解決策を考え調整する。

例えば、ダラダラしてしまうのであれば、 思い切ってノートパソコンを持ってカフェに行く等。

 

ダラける原因がわかれば、潰すにはどうすれば良いかを考えます

このような管理ができずに、立てた目標からドンドン離れていってしまうと、「光陰矢の如し」とつい口から出てしまいます。

現実逃避なのですね。

 

しっかりと先月の立てた目標と現状の進み具合や収支を振り返ることからはじめてみましょう。

目標に届かない部分を「どう埋めるか?」を考え、 行動計画を立て直す人は結果に繋がります。

ぜひ、前回の「人間の甘さはバイマでも命取りになる11の質問」であげた11個の質問に答えてみてください。

 

なぜ、このご質問をさせていただいたか?

売上・利益が目標に足りないと言いましても、 魔法陣を使ってお金を生み出すことはできません。

できていればバイマのショッパー、バイヤーはされないですよね。

 

そうではなくテコ入れとして受注のチャンスを増やすため、 今すぐにできることは「出品」であるから。

売上・利益といった数字はや今の状況は「今まで」の行動の結果ですので過去に遡って修正をすることはできません。

しかし、今から「作る」ことはでき、 それが出品なわけです。

「売上・利益が伸びない」

「受注が入らない」

このような相談をいただく方に限って、 出品数が一ヶ月に10個や20個と少ない傾向があります。

少ないというのは玄関口が少ないということです。 

お客さんとの接点・受注のチャンスが減ることを意味しますよね?

 

また、データが少ないので、

「アクセス数が良いブランドやカテゴリはどれか?」

「売れる傾向はないか?」

このような分析する判断材料も少ない。

 

そして売れないので、ドンドン負の連鎖に陥ります。

負の連鎖を断ち切るのにスグにできることは 出品数を増やしていくことでプラスの風を起こすことができるものです。

もちろん、出品すると言いましても、 テキトウではないですよ。

・目標との溝はなぜか?

・そのために何を直すべきか?

・受注チャンスを増やす出品をする

上記を、ぜひ意識しましょう。このような自己管理や行動管理といったものは、 Buyer Labo、そして勉強会で伝授しておりますのでご参考ください。

 
僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。
 
18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA