バイマでリピーターと高評価を増やす方法

※アライグマと思ってわざわざ戻り撮影

ふと、ブログのアクセス解析を見ました所、こんな検索ワードで僕のブログを訪れた方がいました。

「アル中サラリーマン」

サラリーマンの時は疲れとストレスを消すために、ランチの時(!)、残業の時も飲んでいました。ですが・・・僕の場合は手前の「アル中 ”寸前” サラリーマン」でしたのでご注意ください。飲まないと手が震えるので、お医者さんに「アル中寸前」と言われたもの。

少しサラリーマン時代を思い出した出来事でしたね。1日15時間、20時間働いていたと思うと・・・ゾッとします。さて、本日のテーマへ参りましょう。

お客さんからの評価を上げる方法

4月といった季節の変わり目というのは、バイマ(BUYMA)では受注が入りやすい時期となります。それと同時に、ショッパー・バイヤーさんも増えます。(名称がバイヤーより変更され、パーソナルショッパーって言いづらい・・・)

その中で他のショッパー・バイヤーさんの評価と、僕のショッパーページの評価を改めて眺めてみました。そこで気づいたのは、「あぁ、やっぱりこれは重要だな〜」と思ったことです。僕との比較になり恐縮ですが、下記の差があるのは何が要因と感じますか?

A. 到着が遅い。満足度、評価が普通 or 低い

B.  到着が遅い。満足度、評価が高い

 両者に共通するのは、到着スピードの点ですね。ですが、満足度や評価には大きな差があるのは、なぜでしょうか?

・・・

・・

考えられる要因というのは、評価コメントも見ていると下記が大きな点でしょう。 

「梱包が丁寧であるか」

Buyer Laboにご参加いただいている場合、写真で僕の梱包例やちょっとしたサプライズの例をご紹介していますね。

到着が遅い、対応が良くないということで、評価や満足度は下がりやすくなります。ですが、他のショッパー・バイヤーさんと僕を比較すると、梱包の丁寧さの部分で圧倒的な評価の差を感じました。

 

これはなぜでしょうか?

ご注文後のお客さんのテンションを想像してみください。実際に、あなたもお買い物をした際、ご自身の感情はどうなっているでしょうか?それは、「テンションがMAX」であること。ワクワク、ドキドキしているわけですね。

お客さん
キャー!待ち遠しい!
お客さん
早く着たいな〜

このようなテンションのはずでしょう。あなたもご経験ございませんか?高いテンションで、あなたから商品の到着を日々待っているお客さん。

「ピンポーン。お届けモノで〜す。」

 

宅配業者さんがお家にやってきました。待ちに待った、注文した商品と一緒に。受け取って、小走りで部屋に戻り、ワクワクしながらついにダンボール箱を開けました。

そこで見た光景は!

 

商品が逆さにグチャグチャに入っている・・・

汚いプチプチでテキトウに巻かれている・・・

隙間が多くて商品がガタガタ・・・

擦り傷が・・・

このような状態でしたら、あなたはどう感じますか?

テンションは急降下ではないでしょうか?

そして、怒りが出てくるものです。ここまでお話をすれば、この後の評価やコメントは想像できますよね。僕の場合、梱包はもう過剰包装です。「これでもか!」というほどに。

 

それが結果、プラスの評価にもなり、リピーターさんとして戻ってきている事実があります。他のショッパー・バイヤーさんの評価コメントを拝見すると、梱包に対してはテキトウな方が多いと感じます。

これだけで上記のように大きな差が出てきます。

 

売れる商品のリサーチもそうですが、お客さんの満足度を上げるためにはどうするか?

これについてもリサーチをし、取り入れ、改善していきましょう!本質のお話、全ての商売の基本になりますが、お客さんを幸せにすることでしかお金は付いてきません。これは、長い歴史の中での揺るがない法則です。

梱包・発送につきましては、弊社が運営する発送代行サービス「HAKOBU(ハコブ)」が、バイマに特化しておりますので安心です。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA