あなたはバイマのお客さん。どちらのブーツを買いますか?

※品川の駅前なのにレトロな裏路地とネコたち

本日は「バイマ(BUYMA)での出品価格と日本国内での価格差がなければ お客様に見向きもされないか?」について。

あなたが何かを購入したいと思い オンラインショップを見ているとしましょう。そうですね。 寒い冬という状況でブーツを探している姿をイメージしてください。

 

中がフカフカで、見るからに暖かそうなロングブーツ。

「欲しいな、購入しよ」と思いますが一つのオンラインショップだけでなく、他のショップも見てみようという行動が普通です。
それは「値段」が少しでも安い所で買いたい!とあなたは思うからでしょう。

インターネットではクリックするだけで、 色々なオンラインショップを見ることができ比較も簡単です。

一通りオンラインショップ見て回り、 二つの販売先に絞られました。

A.BUYMAで出品しているバイヤーさんは34,800円
B.そのブランドを扱うあるショップは33,000円

 

ブーツのサイズ、デザインも同じで、 送料や関税も込みの価格です。

さてあなたは、どちらで購入しますか?
Aですか? それともBですか?

 

大半のお客様はBです。
僕も同じ状況でイメージすると同じBだと思います(笑)

そうなりますと、今日のお話のテーマに対する答えは、「見向きもされない」になります。 しかし、バイマのバイヤーをしておりますと、この「見向きもされない」という答えが「バイマでのバイヤーの方が高くても購入してもらえる」 ということを経験します!

 

実際にお客様よりいただいたお問合せ内容の一部をご覧ください

お客さん
お尋ねですが、以前お話した時に、 出ていないものも探してくださるとのコトでしたので 遠慮なくうかがってしまうのですが。。。。。 UGGのブーツとかは取引可能ですか? 本当にイロイロと商品があるようで、やっぱり偽物なんですょね。。。。 どの品を選択しようか、本当に迷います><

特に冬の季節に毎年大人気のUGGのブーツを 探して欲しいとのご依頼でした。このお客様は何度もリピートいただいております。大人気ということは、「ニセモノ」が出回りやすく、現にUGGはニセモノが多いようです。

ご注意
UGGオーストラリアやダウンジャケットのモンクレール等、超人気となったブランドをバイマで扱うには、バイヤーにある程度の販売実績が無ければ現在出品ができない規制が設けられました。

 

そのため、お客様もインターネットで検索し見つけたショップが 正規品を本当に扱っているのか不安になられています。

バイマのバイヤーであれば安心と感じてくださるお客様が多く、僕の出品価格が他のオンラインショップより少々高くとも 、「安心感、信頼感」という目に見えないモノにて僕というバイヤーよりご購入をいただけるのです。

これには、バイマで正規品以外の取扱いはNGであり、発覚した場合には即バイヤー追放となることを明示していることも要因と思います。

 

しかしながら、「ヒト対ヒト」の信用がファンを作りリピートにつながることで、バイマでの出品価格が日本国内での価格より高くともお客様に自分から購入していただけるのです。

そのため、バイマでは特にお客様とコミュニケーションを取り ファンづくりを意識してみてくださいね。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますので「こちらよりお読みください。

 

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA