BUYMAのノウハウ

【簡単】GoogleアラートでBUYMA(バイマ)のリサーチを仕組化する方法

じぶんをプラットフォームに、山嵜です。

良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。

【簡単】GoogleアラートでBUYMA(バイマ)のリサーチを仕組化する方法

スマホを使ったバイマ(BUYMA)リサーチの仕組化を僕の例をあげてお話します。

あなたが商品リサーチをする際、外注化もそうですが、多くの方がご自身でされていることでしょう。

 

ご自身の場合は、売れる精度が上がるのと、直感力が鍛えられるので大事な過程です。

商品を見て、「あ、これ売れるな」っという直感ですね。

 

そんな直感までの過程を、“文字化・映像化”し他人に落とし込む

そうすると、リサーチの自動化ができます。

 

しかし、向き・不向きもあります。

自分の中での”適正売上”を考えれば、一人でリサーチしていた方がストレスが無い。他のビジネスや物販にも時間・労力を振り分けたい。

そんなスタンスも現実的な選択です。
今の僕は、生き方としてこんなスタンス。

 

そんな、人によって様々な考え方があるリサーチ。

何も人に頼らなくてもできる仕組化の一つがあります。

作業としては、1分でできます。

 

もちろん、自分でやるのと比較すれば精度は落ちますし、その情報を元に、自分で考える必要はありますが。

その仕組化の方法は、「Googleアラート」を利用します。
ご存知ですか?

簡単に説明します。

自分が設定したキーワードに応じて述べられた記事やブログ、その他情報がメールで届くのです。僕は昔からこれを利用しており、必要なキーワードについて自動的インプットしています。

・気になるキーワードに対して
・関連情報がアップされれば
・最新版が毎日17時に届く
・移動時間などに読み流す

腰を据えて、検索をする。

自分が考えつかないキーワードがある。

リサーチは仕組化のハードルが高い。

 

これらが、数ステップの設定で解決できるようになった僕の仕組化の一つです。

 

特に、先ほど申し上げたような「自分の頭には無かったキーワード」です。

これがわかったりするのは大きな収穫で、そこから、更に深掘りできますのでインプットの質が高くなるわけですね。

バイマで言えば、

・扱っていて受注が多いブランド
・芸能人
・スタイル名
・仕入先の名前

などを設定しておきまと、商品説明文に活用できる情報や、コラボ情報など最新情報が手に入るのです。

自分だけの情報図書館を自動で作る

ここまでのGoogleアラートのみでも仕組化は良いのですが・・・人間って物忘れひどいですよね?

「うんうん」

「あたいは3歩あるけば忘れます」

「昨日の晩御飯も思い出せません」

僕もそうです。

っというより、もう記憶に頼りません。

脳の一時的な記憶容量は限界があるので、無駄なこと・嫌なことは忘れる。そんな人間になりました。

 

本題に戻りますと、忘れてしまったり、後で読み直すと新しい考えが浮かぶということは、日常茶飯事。

読書していて、読み返すとありませんか?

 

見聞きしたことで、ご経験があることでしょう。

そのため「僕だけの図書館」という風に、ストックできるようにしております。

 

やり方は、これも簡単。

Googleアラートで受信した中で気になるWEBサイトへ飛び、

・右下や右上のボタンを押す
・送信先にchatworkを指定
・蓄積用に作成したグループへ送信

これだけです。

 

ボタンの名称がわからず、テキトウで申し訳ありません。

WEBサイトをご覧になっている際、右上、または右下・中央に「シカクに矢印」のアイコンがありソレでございます。


送信先もchatworkでなくとも、Evernote等のノートアプリやLINEでも何でも良いのです。

ちなみにLINEは「自分一人だけ」のグループを作ればメモ帳になりますが、一人会話風になるので寂しい方は取り扱いにご注意を。

 

ストックできるようにしておきますと、情報の要点が自動的に生成され、気になった時に見ることが可能になります。一度、要点を目にしておけば、どこかで「あ、あの情報あったな」と気づくことができます。

ゼロベースで考えるより遥かにスムーズというわけです。

このような自動化はIFTTT(イフト)等のサービスがありますが、苦手な方には本当にチンプンカンプンなことでしょう。Googleアラートは数ステップですのでぜひ、ご自身なりにいじってみてください。

 

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。