バイマで戦略的に波に乗る必要性と理由

※学校でセミナーということで、本当に学校(跡地)でした。

今回は、サーフィンしよう!

そんなわけではありません。
ちなみに僕はスノボしかできません。

 

バイマ(BUYMA)で効率良く、売上・利益を得るにはファッションの波に乗ることが必要です。こう言うと、こんな声が聞こえてくることでしょう。

YOU
ファッションにうといので
YOU
流行とかわからない

バイマで活動するということは、あなたは「バイヤー」です。バイヤーというと、流行に敏感でスゲーっ人というイメージでしょうか?

 

僕もバイマを知る前はそのイメージでした。

ですが、このイメージは実店舗があったり企業の中でというような「リアル」なバイヤーのこと。一方のバイマは少し経路が違うというのが僕の見解です。もちろんファッションに詳しいことで、先手を打って販売戦略を組めますので知識があるに越したことはありません。

 

少々話がずれましたが「ファッションの波に乗ること」をリアル店舗でなく、バイマに視点をズラし考えてみましょう。

この意味は、

バイマが発信する情報の波へ乗ることが重要

っということになります。

 

例としてタイミングよく、バイマでこんな特集がスタートしました。

pic0412

新作バッグ特集です。

バイマのお客さんは当然ながら、バイマの中でショッピングをします。そのため、特集からあなたの商品へ流れ込む可能性が非常に高まるわけです。

バイマをやっているということは、バイマの波に乗ることが一番なのですね。

 

また、なぜバイマが特集を組むのかも考えてみましょう。

バイマも企業ですから売上・利益を出す必要があります。特集を組むということはお金や労力をかけ、バイマも押したいわけです。

そうなると、活用しない手は無いですよね。

 

このように、売り手の場所を提供するバイマ側の気持ちになりバイマに好かれる動きをすることは、バイマという土俵で販売を行うバイヤーにとっては必要な戦略の一つと僕は考えております。

ご参考ください。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。 無料でご購読できますのでこちらよりお読みください。

シェアいただけると嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA