BUYMAのノウハウ

街中オフラインリサーチでBUYMA(バイマ)の受注を増やす方法

山嵜です。

一時的でなく失敗を根本から防ぎ、ながーく生き残れる体質になっていただくための情報をお届けしながら、良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。

街中オフラインリサーチでBUYMA(バイマ)の受注を増やす方法

以前に「売れる商品が見つからない」というお声から「BUYMAで自問自答をしてみる有効性とは?」のお話を通して、自分の作業について自問自答を行い問題点を見つけることが必要と申し上げました。

例えば次のような質問です。

・リサーチ時間はどのどのぐらいなのか?
・ブランドはいくつリサーチしたのか?

そして、この答え合わせはあくまでも「BUYMAの中」で行うものとなります。

 

一方、他にも意識して欲しいリサーチ方法があり、「BUYMAの外」に目を向けてみることなのですが、すなわち街中でのファッションチェック(オフラインリサーチ)です。

こうお話すると、次のように思うかもしれません。

ファッションに疎いんです。
流行なんてわかりません!

もちろん、ファッションに興味が無ければ抵抗があるでしょうが、何も細かくチェックする必要はありません。

なぜかと言えば、僕が「お、あれは●●の新作の▲▲だ。」っと僕がこんなこと言っていたら、気持ち悪くないですか?実際に友人に言ったりするので変な目でみられることはあります。

 

そうではなく「ざっくり」にてOKで、ポイントとして「傾向」をつかみ、先を見て仕込むことが大事です。

また、その傾向からリサーチをスタートするという「キッカケ・材料」ということです。

「花柄の柄パンツを履いている子が多いな〜」
「この形のバッグ、なんか多くない?」
「サラリーマンのビジネスバッグであのロゴ多いなぁ。」

街中を見回していると必ずファッションの傾向が目に付くはずで、BUYMAで活動しているならば売れる商品をリサーチしなければいけません。

「アンテナを張っている状態」に自然となっているため、イヤでもファッションアイテムが目に入るはずでしょう。

あなたも耳にしたことがあると思いますが、「赤色」を意識した途端に、赤いモノが目に入るようになる感じですね。

 

少しお話がズレましたが、ファッションは常に流行や傾向があります。

ズバリのブランド名やアイテム名なんて、僕も当然ながら言い当てることはできませんが、そのような「ざっくり」したイメージでBUYMA内の商品や仕入先(特にセレクトショップ)を見てみてください。

 

必ずBUYMAや仕入先の中でも、ファッションの傾向や流行が反映されていますし特にBUYMAはファッションに特化しているのが特徴ですから、反映の精度が高いと言えます。

また、忘れてはいけないのは僕らはどうしても意識していないと販売者都合になってしまいがちで、街中は購入者であるお客さんがいる場所ということです。

ファッションに疎くても、ビジネスとしてやっているのであれば意識ができるはずですから、ぜひたまには街中を意識して歩いてみましょう。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。

スパムメールやコメントがあり困っておりコメント欄をクローズいたしましたため、ご感想やご質問はマガジン内記載のアドレスへいただけると幸いです。