BUYMAのノウハウ

【リサーチしくみ化】BUYMA(バイマ)で購入期限が過ぎた商品を再出品する基準【発想の転換】

山嵜です。

一時的でなく失敗を根本から防ぎ、ながーく生き残れる体質になっていただくための情報をお届けしながら、良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。

BUYMA(バイマ)で購入期限が過ぎた商品を再出品する基準

BUYMAの出品には、「購入期限」という出品期限がありますが期限が過ぎると、その商品は「リクエスト受付中」にステータスが変更になります。

この状態は商品の検索には表示されますが、 次のようなデメリットがあります。

・検索順位が「出品中の商品」より後ろへ
・お客さんが購入できない

しかし、「再出品するべきか?」or「再出品はしない方がいいのか?」は迷う所ですよね。

 

そもそも購入期限が過ぎてしまったのは「売れていない」ものが多数となり、「売れていないものを出品してもなぁ・・・」と感じ、再出品に足踏みしてしまうことが僕もあったもの。

しかし、リクエスト中で放置していますとちょこちょこ「指名リクエスト」が来まして、指名リクエストは購入ができない状態で、 欲しいお客さんがリクエストしてくる機能のことになります。

 

っということは・・・「出品していれば他のお客さんにもっと見てもらえるのでは?」と感じるわけですが、実際に次のように指名リクエストが入ってきます。

pic0508

そして買付先に在庫があれば・・・ 売れるわけですね。

ご購入の機会は多ければ多いほど良いので、今回僕の再出品ルールをお話しますが、再出品する商品は何でもいいというわけではありません

僕は次の3点から判断します。

・アクセス数(150以上)
・欲しいもの登録数(3以上)
・サイズの回転が早くないか(例:服、靴等)

上記は可能な限り在庫をチェックし再出品しますが、基本的に外注パートナーさんにお任せします。

リサーチのしくみ化ができる逆転の発想

再出品に迷う・・・このような場合は、あなたなりの再出品ルールを決め取捨選択を行い、販売機会を逃さないようにしましょう。

また、こうすることで自動的にデータを収集する「リサーチシステム」になります。

 

反応が取れている要因やデザイン、ブランドを把握することで、 来年と同じ今や3ヶ月先に先に仕込みを行うこともできますよね。

頭を柔らかく考えすぎず、時にはコレが大事です。

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。

スパムメールやコメントがあり困っておりコメント欄をクローズいたしましたため、ご感想やご質問はマガジン内記載のアドレスへいただけると幸いです。