BUYMAで生き残る考え方

【動画解説】BUYMA(バイマ)で目標達成のためには「紙に書く」のがスピードが早い理由

山嵜です。

一時的でなく失敗を根本から防ぎ、ながーく生き残れる体質になっていただくための情報をお届けしながら、良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。

BUYMA(バイマ)で目標達成のためには「紙に書く」のがスピードが早い理由(動画解説)

突然ですが、あなたには目標はありますか?

また、その目標は「紙に書いて」いますでしょうか?

 

1番目の問いには回答できても、2番目に対しては僕の周りで8割の人が「紙に書いていない」ものと言えるでしょうか?

成功者と言われる人は、紙に書いているのはよく聞くお話でもあり、日本人で言えば神田昌典さん、海外で言えばジェームズスキナーさんなど。

2019年現在では、紙以外にも様々なソフトやアプリが登場し記す場所は様々になってきましたが、紙が優位かなと感じます。

ここで「脳がこーだ」「成功者があーだ」なんては言うつもりはありませんが、僕を例にして、この”紙に書くこと“についてお話します。

 

僕は目標を紙に書くことは、面倒で面倒でずっと避けていました。

だけども、起業前に紙の手帳に書くようになってから書いた目標がポンポン達成できていることに気づいたわけです。(最初は偶然と思い信じておらず)

でも、立て続けで達成していくし、その目標に関係する方とのご縁が繋がるようになったので、そうなるともうこれは続けるしかないと。

 

なぜ、今までやらなかったんだろう?

このように後悔したことを覚えています。

自分の手で書くことで身体に刷り込まれ、紙に残り見直すことで脳に刷り込まれるようで、脳に刷り込まれるということは「意識や視野」が変わります。

 

僕が目標に関係する人とお会いできるのも、アンテナが立っているからでしょうし、この強制的にアンテナを立たせる方法が、次の流れです。

・目標を、
・紙に、
・自分の手で書く。
・書いた紙を毎日見直す。

ものすごいシンプルです、キューピー3分クッキングのようです(?)

しかし、シンプルだからこそ軽視され「メンドイ」もので、僕が実際にやったことで目標がドンドン達成できていますのでぜひやってみましょうっと言っても難しいですよね。

 

周りの人に伺っても、目標を書き「日々やるべきこと」に落とし込んでいくこと苦手な人が多いのは事実で、個別でサポートしてきた方(現在は行っておりません)は、ワークショップという課題でやりましたが、誰もが最初は頭を抱えているものです。

慣れないうちは3行でも良いので1日3行の日記を書いて始めてみるのもOKですので、やってみましょう。

そのやり方は動画で解説しましたので下記を参考にされてください。

15秒でわかる!動画内容のまとめ

✔︎目標は「自分の手」で「紙に書く」
✔︎そして、それを毎日見る
✔︎達成できない一番の原因は忘れること
✔︎よくある自己啓発の「想えば実現する」はウソ
✔︎行動が伴うものが目標である

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。

スパムメールやコメントがあり困っておりコメント欄をクローズいたしましたため、ご感想やご質問はマガジン内記載のアドレスへいただけると幸いです。