BUYMAで生き残る考え方

そのテクニックはBUYMA(バイマ)で長く生き残れるか?の判断軸を持とう。

山嵜です。

一時的でなく失敗を根本から防ぎ、ながーく生き残れる体質になっていただくための情報をお届けしながら、良い意味でワガママにノマドで自由気ままな毎日を送っています。

そのテクニックはBUYMA(バイマ)で長く生き残れるか?の判断軸を持とう。

定期的に行っていた読者さんとのお茶会で、「これは一時の戦術で危ないな」と感じたことをお話します。(※その読者さんがやっているものではありません)

危ないなと思ったというのは商品の出品に関わるもので、出品するには「商品名」を入れるわけですが、商品と全く「関係のない」のに出品している事例がありました。


例をあげますと、BUYMA内でも人気ランキング上位に入るブランド名を、商品・写真も別のブランドなのに入れてしまっている方が一定数おります。

例)miumiu(ミウミウ)やSAINT LAURENT(サンローラン)

人気ランキングの上位に入るというのは、BUYMA内でも売れているブランドを意味しますから、当然そのブランドでの需要も多い上に、ブランド名で検索を行うお客さんも多いということを意味しますので、アクセス数を稼げるわけですね。

 

しかし、先ほどの方法というのはアクセスを増やす戦術を悪用している「ブラック」な方法であり、商品と関係のないカテゴリやブランドを指定するのは、BUYMAでは規約で禁止されています

出品商品と関係がないキーワードを含むのは規約違反です。

規約もそうですが、お客さんがあってのBUYMAでありショッパーです。

僕らの仕事はビジネス全般に言えますが、「お客さんがショッピングしやすいように、その道中を整備してあげる」ことに尽きますから、お客さんが商品を探していて、「あれ?商品違う・・・」となると、お客さんを惑わすことになります。

あなたも楽天ショップなどで経験されたことはありませんか?

 

自分自身がお客さんでしたら迷惑ですよね

そんな「ブラック」なテクニックですが、規約違反のチェックをたまたま引っかからずその出品商品が売れるというのは皮肉ですが、では「正直者が損をする」と思われるかもしれませんが大丈夫です。

必ずこのようなショッパーは淘汰され、生き残る人は真っ当に活動している人です。

 

余談ですが僕は読者さんから、このようなメールをいただくことがあります。

「売れる商品を教えてください」

「簡単に稼げる方法はありますか?」

「売れるブランドはどれですか?」

マナーについては割愛しますが、この質問をする時点でBUYMAというよりビジネスをしないほうが良いでしょう。

教えるのは簡単ですが、思考できない人間はお客さんを不幸にしますし、そもそも一過性のテクニックは文字通り一時的でその時しか通用しませんから存続を目的とするビジネスとは逆行しています。

 

それより重要なものは今後も、「継続・安定してお金を産み出すことができる本質・スキル」で、この記事を執筆している当時から2020年の現在も僕はずっとそれを変わらず伝えています。

また、それをシンプルでどれだけ人より量をこなし、継続できるかでしょう。

っと少々お話が脱線しましたが、一時のテクニックや「人に迷惑をかける」と思ったことは避けるという判断軸を持っておくとブレないはずです。

 

僕は基本的にメールマガジンでのみ、お届けする動画・お話が多いです。

18,000人以上の方に読まれ、「聴くと月収40万円UPする」とご好評の動画マガジンは無料でお読みできますので下記、またはこちらよりお読みください。

スパムメールやコメントがあり困っておりコメント欄をクローズいたしましたため、ご感想やご質問はマガジン内記載のアドレスへいただけると幸いです。